トップ >  ニュース >  養育費月1億円要求、泥沼化する大物ヘッジファンド夫妻離婚訴訟

養育費月1億円要求、泥沼化する大物ヘッジファンド夫妻離婚訴訟

 大手ヘッジファンド運用会社シタデル・インベストメントの創業者ケネス・グリフィン氏(45)と夫人のアン・ディアス氏(43)の離婚申請の件で、夫人が3人の子供の養育費として月額100万ドルを要求していることが追加書類から明らかになった。一方の夫側は、プライベートジェットによる旅行など無駄金を使っているなどと反論している。


ケネス・グリフィン
ケネス・グリフィン夫妻
 シカゴトリビューンなどの地元紙が、イリノイ州で最も資産家であるグリフィン氏の離婚訴訟に注目し、その行方をつぶさに追っている。

 ディアス夫人が提出した新たな書類には、月額100万ドルを、3人の子供たちの養育費用として要求しているという。イリノイ州では、親の報酬に応じて養育費は目安が決められており、子供1人の場合は収入総額の20%、2人で28%、3人で32%となる。

 グリフィン氏は総資産は55億ドルで、イリノイ州ではナンバー1。さらに2013年の収入は、専門誌による業界ランキングで5位(9.5億ドル)、1000億円を超える。仮に1000億円の32%として計算すれば、年間で320億円の養育費となる。

 これに対して、グリフィン氏側は夫人が子供のためではなく自分のために使っていると指摘。例えばプライベートジェットの使用が月額30万ドル、さらには16万ドルの旅行費用、オフィス賃料6万ドルなどがあったという。

 ちなみに、グリフィン家の家があるシカゴ、アスペン、ハワイ、マイアミ、NYをこれまで自由にプライベートジェットで移動することができたといい、夫人側はそれは当然だと受け止めているようだ。

 2人は結婚する11年前に婚前契約(プリナップ)を締結しているが、財産分与に関しての内訳がグリフィン氏の純資産の1%だという。夫人は脅迫のもとで強制的に結ばされたと主張してきた。

 仏生まれのディアス夫人はハーバードビジネススクールを卒業し、フィディリティなどを経てヘッジファンド運用会社アラゴン・キャピタル・マネジメントを創業。若くして専門誌などメディアではかなり取り上げられる機会も多かった。2人は、業界でも珍しい別々の会社のヘッジファンド創業者同士のカップルでもある。

 グリフィン氏は昨年、母校のハーバード大に1億5000万ドルを寄付している。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする