トップ >  ニュース >  オフショアに貯め込んだ巨額資金への課税(米予算教書)

オフショアに貯め込んだ巨額資金への課税(米予算教書)

 米アップルが今週、65億ドル規模の社債を発行した。株主還元策のための資金をねん出するのが目的だが、1780億ドルという巨額のフリーキャッシュを持つ企業がこんな資本政策を取るのも税率にある。この問題について、米オバマ大統領が2日議会に提出した予算教書の中で触れられている。

 アップルがすでにアイルランド、ネバダ州などの実態としては幽霊会社に近い3つの子会社を利用して海外にキャッシュを還流させていることは、一昨年に米上院の調査で明らかになっている。次の3社。

・アップルオペレーションズインターナショナル(AOI)
・アップルセールスインターナショナル(ASI)
・ブレイバーンキャピタル

 アップルだけが特別なわけではなく、グーグル、アマゾン、ウォルトディズニー、スターバックスなど多くの企業も行っている。そのアップルだが、米国外に積み上がっているキャッシュの総額は約1780億ドルにも上る。海外で貯め置かれているだけになっており、これが米国にとっては大きな損失になると批判の的になっている。

 このキャッシュを米国内に還流させるためには新たに税金がかかる。せっかくの節税も水泡に帰して、法人税35%が掛る。アップルのキャッシュについては、これまでにも大物投資家デビッド・アインホーン、カール・アイカーンの両氏らが株主還元策を迫ってきた。

 ただ、ティム・クックCEOも株主還元策を行うことを決めたのだが、なにぶん海外のキャッシュを還流させるよりも、国内で社債を発行した方が安くつくために発行しているにすぎない。


オバマ大統領
 さて、この日、オバマ大統領が議会に提出した予算教書に、この点についての言及がある。まず、現在の法人税率35%を28%に下げるというものだ。

 そして、アップルのような海外の子会社に貯め込んだキャッシュについては、19%の課税を行う。

 では、このキャッシュを米国内に戻して再投資する場合については、14%課税する。

 つまり、米国内への投資を呼び込むことで雇用を促進し、納税を増やすということが狙いとなる。もちろん、上院・下院ともに共和党が多数を占めており、少数与党のオバマ大統領の案が通るかどうか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする