トップ >  メイク・マネー >  2014運用ランキング、1位は沖縄帰りのパイロット運用のインドファンド225%

2014運用ランキング、1位は沖縄帰りのパイロット運用のインドファンド225%

 インド株のロングバイアス戦略を採用するファンド「Passage to India Opportunity Fund(Cayman)-A Shares」が225.21%のリターンをマークして1位となった。英ヘッジファンド等調査会社プレキンの集計による。

 上位20位のファンドで、エクイティ戦略を取っているファンドが75%、特に上位5位まではそうだった。225.21%をあげた1位の「パッセージ~」は、株式やデリバティブなどを現物買いを主力とするロングバイアス戦略を取り、インドの投資機会にかけている。
ヘッジファンド
 その運用会社である「Arcstone Capital(アークストーン・キャピタル)」は、インド洋のオフショアであるモーリシャスに拠点を置く。投資方針は、「アンダーバリューの銘柄に対して長期的なアプローチを行う」「主にインドの企業を中心に、10~20社の企業に集中して見ていく」などとなっている。


ヘッジファンド
アークストーンキャピタルHP
 創業者ラルフ・クルーガー氏は、1987年~2007年まで25年にわたって、米空軍、アメリカン航空のパイロットとしても活躍してきた珍しい経歴の持ち主である。

 ニューヨーク州立大で心理学を専攻、コロンビア大でMBAを取得し、沖縄ではメリーランド大で日本語を学んだこともあるという。

 運用については、マラソン・キャピタル・マネジメントで、2億5000万ドル以上の資産を預かるポートフォリオマネージャーとして成長株の発掘を行ってきた。

 インド株市場のセンセックス指数は、1年で21140.48ポイントから、27499.42ポイントまで上げている。これだけで20%以上の利回りになるが、「パッセージ~」はそれを遥かに上回るリターンをあげた。トップ20で、他にインド市場の投資機会にフォーカスしているファンドは、5位の「Alchemy India Long‐Term Fund」がある。こちらのリターンは、60.60%となっている。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする