トップ >  ニュース >  ファナックを標的のサード・ポイント、和風アレンジの提案が功を奏すか

ファナックを標的のサード・ポイント、和風アレンジの提案が功を奏すか

 米著名ヘッジファンド運用会社サード・ポイント・マネージメントが、電機機器メーカーのファナックの株式を取得したことを投資家向け書簡で明らかにした。潤沢すぎる資本やIR姿勢への意見も出しており、今後の展開を期待しての買いも入り、12日の東京株式市場では前営業日終値から1290円(6.22%)高の2万2045円の上場来高値を更新した。サード・ポイントは日本では日本流にアレンジしたアプローチを行っており、戦果が期待できそうだ。


ダニエル・ローブ ファナック
ダニエル・ローブ氏(フェイスブックより)
 サードポイントは運用資産総額1兆円を超す著名ヘッジファンド運用会社だが、日本で有名になったのは、2013年にソニーの株式を取得して、映画などエンタ部門のスピンオフを要求するなどの株主提案を行ってからだ。

 創業者ダニエル・ローブ氏が大手PEなどを経て2001年に同社立ち上げ。自身の預金や知人の伝手などで300万ドル(3億円)でスタートしているが、現在の運用資産総額は175億ドル以上と言われる。5800倍以上という驚異的な伸びだ。

 特に、2012年には、ギリシャ国債、ハーバライフ株などで大きな利益を上げたとされ、この年に運用資産が1兆円を超えた模様だ。日本にも関心を示すきっかけとなったのがこの年であり、今や米国を代表するアクティビストとなった雄が、日本株を物色し始めている。

 主な日本株の取得歴は次のとおり。
・ソフトバンク アリババへの投資、スプリント買収などを評価。詳細は不明。

・ソニー 最大7%程度保有していたとされる。映画部門のスピンオフを要求したが、改革の兆しなしと見るや、すべて売却。2割以上の利益。

・IHI エンジンなどの主力事業の可能性と不動産含み益に関心示す。株数などは不明。

 ソニーについては「日本市場の反応を見る意味においても、最も世界的に有名なソニーを狙ったのではないか」(大手証券関係者)との見方もあり、反応を見つつ、戦果が上がるかどうかを測っていたようだ。

 また、米国とは対照的に、トップの退任やM&Aなどの過激な提案は行わないあたりも「日本の国民性を研究してきた印象」(同)とクレバーさも見せている。ソニーでは、2割以上のリターンを上げたと明らかにしており、その後もソフトバンク、IHIと株保有を明らかにした。

 逆に本国の米国ではエグい提案もある。次の示す主なものを見ればそのあたりもわかるだろう。

・マッセイエナジー 株式5.9%を掌握し、委任状争奪戦を展開。放漫経営のCEOを追放し、M&Aを成立させた。

・サザビーズ 株式9.3%保有の筆頭株主に。抵抗を示されポイズンピル条項も認められたが、サードポイントによる株主価値向上が評価され、取締役3人が迎え入れられた。株価は上昇している。

・米ヤフー 一時は11億ドル分保有。CEOの学歴詐称を見抜き、自信を含む3人を取締役に送り込む。CEO交代などを果たし、株式はヤフーが買い取った。

・アクタビス 1億3610万株保有。アラガンを買収することで決着。

 そして、今回のファナックになるが、投資家向け書簡によれば、事業をアップルになぞらえて高評価しており、その上で現在の余剰資金で自社株買いを行うことを要求したり、IR姿勢の改善などを求めている。

 これらは、多くの株主も共通認識を持っていることは予想でき、意外や絶妙な提案かもしれない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする