トップ >  クオリティライフ >  「本当は怖い不動産投資」大島てる

「本当は怖い不動産投資」大島てる

立場で見方は正反対に

 不動産取引には様々なトラブルはつきものだが、事件や自殺などが起きたいわゆる「事故物件」についての専門家や参考となる指標がないということで、自分で作ってみようと考えたのが始めるきっかけだ。

1権利上の瑕疵(弁護士)
2物理上の瑕疵(建築士)
3それ以外の事故物件などの瑕疵(?)


大島てる
大島学氏
 1と2の瑕疵については専門家がいるものの、3については専門家がいないという事情があった。大島氏はニュースで報道された物件を自身で現場に行き、聞き取りなどをして裏付けを取ってサイトに反映させていたが、すぐに現在の第三者の投稿にゆだねるというスタイルを取っている。

 不動産投資家側にとっては不利な情報公開だとは思うがいかがなのだろうか。「不動産投資家は物件を買う側に回るのでその時は消費者になります。変な物件を掴まされたくはないでしょうし、入居者にも自信を持って勧めるための参考にもなります」と話す。

 見る立場によって見方も違ってくるのがこのサイト。以前、サイトを参考にして物件を購入したオーナーが大島氏に感謝のメッセージを送ってきたという。しかし、そのマンションで事件が起きて書き込みがなされると、怒りのメッセージを送ってきたのだという。 人間は立場が変われば見方も変わるということがわかるエピソードだ。

 サイト運営者だけに、大島氏は不動産投資の怖さを誰よりも知る。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする