トップ >  クオリティライフ >  「本当は怖い不動産投資」大島てる

「本当は怖い不動産投資」大島てる

自然死はもはや常識に?

 東京都監察医務院の統計によると、東京23区内だけで見た場合でも孤独死の件数は年々増加傾向にあり、平成18年で男性2362人、女性1033人となっている。何と、1日あたり10人前後が孤独死している計算となる。孤独死しやすい年齢は男性の場合では50代前半で起きるという。孤独死から発見される日数は男性が死後12日、女性は6日となっている。

 ゆかしメディアでは過去に◆不動産投資家の新たな大敵「40代お一人様」の自然死 ◆と題して報じているが、大島てるにも最近は自然死の投稿も増えているのだという。

 現在も厄介な問題ではあるが、今後も大きな問題で在り続ける。それでも大島氏は「こんなにたくさん自然死があるんだったら、気にしてもしょうがない、という風にみなさんが考えるようになるのかもしれません」と冗談交じりに語った。それが現実になろうがなるまいが、皮肉な話でもある。

 また、最近の大島てるには、学校の情報が掲載されていることもある。文科省の統計によると、この20年間で6834校が廃校になっている。そのうちの7割が何らかの形で再活用されているといい、その中にはマンション用地など住宅になる土地もある。つまり、火災や自殺など死者が出た事実を、サイト上情報として投稿するのかどうかの賛否両論は分かれるところだという。

 大島てるは現在、国内だけでなく、米国、英国など海外の物件でも同様の展開を行っている。事故物件の怖さが世界にも広まっていくのか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする