トップ >  クオリティライフ >  「本当は怖い不動産投資」大島てる

「本当は怖い不動産投資」大島てる

 事故物件サイト「大島てる」がスタートしてから今年で10年が経った。殺人、放火など事件で死者が出た物件がユーザーによって投稿されるという異色のサービスも、すっかり定着しつつある。不動産オーナーから集中砲火を浴びることもあるが、実は運営者の大島学氏(36)も元は不動産投資家。サイトを始めて改めて気付かされたのが「大家リスクの高さ」だという。

某大物アーティストの物件の投稿も

 地図上に炎のマークがあちらこちらに散見される。それらをクリックしてみると、読者からの投稿がある。例えば、東京港区内のとある物件には次のような記述がなされている。

 「ミュージシャンの男性が寝室のドアノブに掛けたタオルで首を吊って呼吸停止状態に。搬送先の病院で死亡」(1998年5月2日)。


大島てる
「大島てる」より
 こんな具合に数多くの投稿があり、不動産投資家や、部屋探しを行う人たちはその情報を参考にすることになる。もちろん、間違っている情報が含まれている場合もあり、そうした際には第三者や当事者から指摘を受けることもあり、削除するなどフィードバックしている。

 大島氏は家業を継ぎ不動産投資家となったのだが、投資家にとって不利な情報が満載のサイトをなぜ開設したのか。同業者からの批判は多く、今でもサイトには多く寄せられている。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする