トップ >  ニュース >  日本の金需要減、ロシアはルーブル危機で買い増し

日本の金需要減、ロシアはルーブル危機で買い増し

 ワールドゴールドカウンシル(WGC)がまとめた2014年の世界の金に関するレポート「The direct economic impactof old」によると、日本国内での年間需要が対前年比16%減の17.9トンとなった。金額ベースでは同21%減の7億3900万ドルとなったことがわかった。世界全体では、同4%減の3924トンとなった。ロシア中央銀行などによる大幅に買い増す動きも目立っている。

 2014年は前年比減となったものの、その前年の2013年が過去にないくらいの需要があったために、大幅な下落というまでにはいたらない。個人需要の中核を成すプレイヤーである中国本土、香港、インド、台湾などアジアの富裕層による宝飾品需要が減少したものの、新興国の中央銀行などの需要はまだ減少しておらず、下支えができているようだ。

 ETFは2013年のマイナス880トンに次ぎ、2014年はマイナス159トンと減少した。しかし、中央銀行は前年比17トン増の477.2トンと買い増し需要は高く、過去2番目に多い買い越しとなった。

 特にロシア中央銀行は保有高の36%にあたる173トン購入している。背景には、昨年末に通貨ルーブルが金価格に対して82.8%も下落するという急落があった。
金 ルーブル
 他にも中央銀行が買い増ししている国は、カザフスタン48トン、イラク48トン、アゼルバイジャン10トンだった。一方で、ウクライナは24トン売り越した。 

◆各国中央銀行の金保有高
1 米国   8133トン
2 ドイツ  3384トン
3 IMF  2814トン
4 イタリア 2451トン
5 フランス 2435トン
6 ロシア  1208トン
7 中国   1054トン
8 スイス  1040トン
9 日本   765トン
10 オランダ 612トン

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする