トップ >  ニュース >  アクティビストが標的で株価平均25%上昇

アクティビストが標的で株価平均25%上昇

 「資本主義のアンチヒーロー」的な存在で語られることも多いアクティビスト戦略のヘッジファンドだが、2012~2014年の3年間のリターンは複利ベースで年50%、また株価で言えばアクティビストが保有してから2年で平均25%上昇していることが、業界団体であるオルタナティブ投資運用協会(AIMA)の調査結果で明らかになった。

 AIMAによると、アクティビスト戦略を採用するヘッジファンドの運用資産総額は約1200億ドルに上り、平均的な保有期間は2年で、株価は25%も平均で上昇しているのだという。2012~2014年の3年間のリターンは複利ベースで年50%となる。

 まずアクティビストの本拠地だが、北米66%、欧州15%、アジア太平洋14%、南米4%、中東・北アフリカ0.8%、その他0.2%となる。

 そして、モノ言う対象だが、コーポレートガバナンスの改善52%、会社の戦略変更26%、資本の効率化14%、会社の売却8%となる。

 日本ではとかく、高値で買い取らせるグリーンメーラーを想像する人も多いが、実際にはガバナンスの改善を要求する場合が多い。彼らの主戦場である北米では資本政策は各企業ともに重視しており、日本企業のように貯金箱になっている企業はほとんどないのも理由だろう。また、日本は、アクティビストを毛嫌いする会社と株主が多く、成功例は数少ない。

 ただし、ファナックを標的にしている米サード・ポイントは、ソニーでも成功しており、日本市場の研究をかなり施しているとも見られており、今後の行方が注目されている。

 その米国でのやり方だが、会社をコントロールするよりも影響力を持つということを重視しており、そうした中でガバナンスの改善や、戦略の変更、資本政策の抜本的な改革などを目指していく。保有ポジションとしては、5%までの小さなポジションを取ることが多く、今はそこから他の株主との共闘を模索するなどしているようだ。

 大御所カール・アイカーン氏は最近では、アップルに対する主張をツイッターで行うなど時代の変化を感じさせる。アクティビストたちの投資行動も変化していこうが、影響力を強めていることには変わりはないようだ。

 AIMAのジャック・イングリスCEOは「アクティビストヘッジファンドの経済全体に及ぼす評価については、長年の懸案であるが、彼らが投資を行うことで、資本と資源の効率的な配分に改善をもたらし、パフォーマンスの改善をもたらしている」と述べている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする