トップ >  ニュース >  KKR日本株比率大幅増で1兆円以上の買い余力出現

KKR日本株比率大幅増で1兆円以上の買い余力出現

 国家公務員共済組合連合会(KKR)は、運用の基本方針の改正を行ったことを発表し、新たな基本ポートフォリオは、国内債券を現行の74%から半分以下の30%に、国内株比率を現行の8%から25%、外国債券を2%から15%に、外国株式を8%から25%にすることがわかった。日本株への購買余力が増えたことになる。

 KKRの昨年3月末時点の運用総資産額は約7.2兆円。この中で、約6300億円が国内株式の運用に振り分けられていたものが、25%という比率の大幅増加によって、約1.2兆円が国内株式の割り当てられることになり、日本国内の株式市場への影響は大ということになる。

 KKRは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)、地方公務員共済組合連合会、日本私立学校振興共済事業団の共済組合と運用一元化されることもあり、GPIF寄りのリスク志向となる。

 KKRの21~25年度の時価ベースでの実質利回りは次のようになる。
21年度 5.52%
22年度 1.21%
23年度 2.06%
24年度 5.10%
25年度 4.61%

 25年度の財政状況は、運用収入こそ1753億円のプラスだが、純損失は2951億円の赤字となっている。GPIFと同様にすでに基金の取り崩しが始まっているという現状がある。昨年6月以降、資産運用委員会で検討を重ねており、厚生年金積立金の基本ポートフォリオとの連続性を考慮した。

国内債券 74.0% ⇒ 30.0%
国内株式 8.0% ⇒ 25.0%
外国債券 2.0% ⇒ 15.0%
外国株式 8.0% ⇒ 25.0%

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする