トップ >  ニュース >  「トップロースクール3年以内に閉鎖も」米ロースクールランキング

「トップロースクール3年以内に閉鎖も」米ロースクールランキング

 米USニュース社がロースクールのロースクールランキング2016を発表し、1位はイェール大学だった。ランキングの公表に合わせて、エモリー大ロースクールのドロシー・ブラウン教授が「3年以内にトップロースクールは閉鎖に追い込まれる」という主張をワシントンポスト紙に寄稿するなど、現状への厳しい意見も出ている。

 このランキングは、ロースクール学部長、教員らによる評価、裁判官ら専門家による評価、学生・教員比率、図書館の充実度など12項目の加重平均に基づいて算出している。2014年秋から2015年初頭にかけて集計した。今年も、イェール、ハーバードなど上位陣は順位はほぼ変わらなかった。

◆ロースクールランキング(学費、学生数)
1 イェール    5万6200ドル 607人
2 ハーバード   5万5842ドル 1752人
3 スタンフォード 5万4366ドル 577人
4 コロンビア   6万274ドル  1170人
5 シカゴ     5万5503ドル 604人
6 NY      5万6838ドル 1423人
7 ペンシルバニア 5万6916ドル 756人
8 デューク    5万5588ドル 643人
8 加バークレー  4万8166ドル 890人
8 バージニア   5万1800ドル 1005人

11 ミシガン     5万1398ドル 1000人
12 ノースウエスタン 5万6434ドル 737人
13 コーネル     5万9360ドル 595人
14 ジョージタウン  5万3130ドル 1719人
15 テキサス     3万3162ドル 1025人
16 カリフォルニア  4万5226ドル 992人
17 ヴァンダービルト 4万9722ドル 525人
18 ワシントン    5万152ドル 749人
19 エモリー     4万9734ドル 819人
20 ミネソタ     4万1222ドル 681人

 ブラウン教授は、大手の法律事務所でも雇用を減らして、作業を外注化するなどしており、卒業生の就職先は先細りしていることで高い奨学金を受けて経済的な負担を追ってまで進学するリスクを取れないということを危惧。一方で、法科大学院は、教員の終身雇用的な経費をカットすることはできない点にも触れている。

 ちなみに、1位イェールの学費は前年調査では、5万4650ドル。2位ハーバードが5万3308ドルとまた上昇している。借金漬け、そして就職難では、志望者が減ることは止むをえまい。

 米報酬調査会社ペイスケールが集計した、ロースクール卒業生の中堅どころの年収(中央値)は、1位ハーバードロースクール20.1万ドル、2位エモリー大ロースクール20万ドル 3位サンタクララロースクール19.7万ドルとなる。

 元ワシントン大ロースクール学長ブライアン・タマナハ氏の著書「アメリカ・ロースクールの凋落」にも記述にもある。最高裁判所が認証評価で制度によって各ロースクールを格付けするが、その際に重要視されるのが教職員の待遇面で、つまり人件費高騰のために学費も高騰していることが一つの理由だという。

 本当に3年以内にトップロースクールの中から閉鎖校が出るのかどうか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする