トップ >  ニュース >  年収1000万円以上の転職の悩み、50%以上が「給与が合わない」

年収1000万円以上の転職の悩み、50%以上が「給与が合わない」

 年収1000万円以上の人は転職では50%が、経験を活かせるポジションがなく、給与・待遇が希望と合わないという現状の悩みを抱えていることが、エン・ジャパンの調査結果によってわかった。

 この調査は転職コンサルタント112人を対象に「年収1000万円以上転職の実態」についてアンケートした結果をまとめたもの。まず、年収1000万円以上とは、国税庁の民間給与実態統計調査によると、割合はわずか3.9%となっており、転職市場においても需給関係がなかなか成り立たない面もある。ちなみに、平均給与は414万円(男性511万円、女性272万円)。

 では、年収1000万円以上が転職で苦労することが多いケースは次のようになった。
1位「経験を活かせるポジションの求人がない」(58%)
2位「給与・待遇が希望と合わない」(54%)
3位「会社方針と転職者の価値観が合わない」(29%)
4位「英語力が不十分」(20%)
5位「上司や同僚からの慰留」(14%)

 年収が上がるほど、求職者が持つ専門性や経験がどれだけ企業の求人に適しているかで採用の可否を判断される上、ポジションが限られるため、各紹介会社が持つ求人数が極端に少なくなることに原因があるようです。また、1000万円以上の年収がある方も、理想や自己評価が上がりすぎてしまい、社外から見た一般的な市場価値と乖離があるケースも見られるということのようだ。

 例えば、東京からのUターン転職の場合、大阪以西では年収20~30%年収ダウンが当たり前。また、年収2000万円以上の人たちは500万円条件ダウンなどでは受けない。また、ウィンドーショッピングのようになってしまうともいう。さらに、縁故やヘッドハンターへの依頼が多く、通常の紹介会社では案件数が少ないという。

 では、年収1000万円以上の転職成功者に共通するポイントは何か。
1位「採用企業の課題を分析し、自分が貢献できる点を伝えられている」(52%)
2位「ビジネスレベルの英語力を有している」(39%)
3位「キャリアの棚卸しが十分にできている」(37%)

 また、転職成功者の年齢の割合は、「40代前半」(30%)「40代後半」(32%)で6割を占めた。「職種」の傾向では、「経営・経営企画・事業企画系」(45%)「営業・マーケティング系」(30%)となった。

 コンサルタントのアドバイスとしては、1年など長期戦で臨むことが大事だという。年収を意識しすぎる人は逆に転職をしない方が良いのだとか。本当に価値観の合う仕事が来るまで待つことも大切だという。また、活動においては自分自身の武器は何なのか、採用で利益がどれだけ生まれるのかと自身で言語化できるようにしておけばよいという。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする