トップ >  ニュース >  国税が二審も敗訴、対IBM

国税が二審も敗訴、対IBM

 日本アイ・ビー・エムの持ち株会社が約4000億円の申告漏れを指摘され課税処分されたことを不服として処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が東京高裁で25日行われ、山田俊雄裁判長は、一審判決どおり国の控訴を棄却した。

 当時の持ち株会社が自社株の売買を行った上で、連結納税を併用して損失を計上たことを、東京国税局は、持ち株会社の位置づけを課税逃れを行うためのペーパーカンパニーだとしていた。しかし、当時としては経済的合理性があると一審では認められていた。

 子会社IBMエイピー・ホールディングス(東京都中央区)は、米国IBMから購入した日本IBMの株式の一部を日本IBMに売却。その際に約4000億円の損失を計上し、さらに連結納税制度と組み合わせることで、IBMエイピーの赤字と日本IBMの黒字を相殺していた。

 この利益(みなし配当など)と株式譲渡損を組み合わせた節税スキームは、後に禁止されることになったが、当時は禁止されていなかった。東京国税局側は、課税逃れ意図があり、エイピーホールディングスに事業実態がないなどとして処分に踏み切った。

 これまでの企業側の主張が認められた主な例は次のようなものがある。

◆ホンダ 2014年
 ブラジル子会社との取引で利益を移転したとされたが、130億円の追徴課税がなされた。東京地裁はホンダの主張をほぼ認めて、75億円の課税が取り消された。

◆武田薬品 2012年
 米子会社への商品供給価格が低すぎると更正処分を行ったものの、異議申し立てを行い、処分を取り消した。申告漏れ1223億円のうち977億円を取り消した上で、570億円が還付された。訴訟ではなく、異議申し立てを国税庁が認めたレアケース。

◆武富士 2010年
 香港在住の創業家長男への財産贈与で1330億円の追徴課税したものの、当時の法律要件を満たしていた長男の言い分が最高裁で認められ、400億円の還付金を足して額の支払いとなった。

◆旺文社 2007年 
 同社のオランダ子会社が保有するテレビ朝日株をルパート・マードック氏に売却した際のの株式の資産評価額が課税超と異なった。107億円の追徴課税がなされたが、差し戻し控訴審で旺文社の主張を認めた。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする