トップ >  ニュース >  年収と炭酸飲料水の嗜好はもう関係なくなった?

年収と炭酸飲料水の嗜好はもう関係なくなった?

 米業界誌ビバレッジ・ダイジェストの調査によると、2014年の米国内の炭酸飲料水の販売が前年比0.9%減の88億ケースになったことがわかった。減少傾向は続いており、今後も苦戦を強いられそうだ。一方で、炭酸飲料と言えば、年収との関係が過去に幾度となく調査されてきたが、もう今後は関係はなくなるのだろうか?

 まず、米国の炭酸飲料水離れだが、これは単純に健康志向ととらえられており、教育行政と業界との戦いがここ数年は激しく行われ、2009年から米国飲料協会は、公立小中学校での炭酸飲料水の発売を自粛しているほどだ。教育現場や行政の働きかけの影響も徐々に出てきているのではないか。

 年収との相関について、米国世論調査研究所が行ったギャラップ調査によると、次のようになる。

◆年収別の炭酸飲料水の摂取状況
         ダイエット、レギュラー、飲まない(%)
・3万ドル未満   20     45     36

・3万~7.49万ドル 22     34     44

・7.5万ドル以上  30     20     49

・米国成人平均   24     32     43


コーラ
 飲まない割合が7万5000ドル以上で最も高くなり、3万ドル未満は最も低くなる。また、レギュラーを飲む割合も低年収ほど高くなっていることがわかる。

 どの研究もほぼ、こうした結果になるが、別の研究では、低年収の家庭の子供は、高年収世帯の子供よりも、1日あたり23~27キロカロリーも多く糖分を取る(炭酸飲料を含む)傾向にあるという。

 こうした研究結果を受けて、ニューヨーク市などは飲料業界と教育行政の戦いを行っていた。当局の調査では、人口あたりの糖尿病患者は、低所得者が住む地区が高所得者地区の約4倍にも達し、また、炭酸飲料水を愛飲する人が多い地区と、クーポン券(日本で言う生活保護のに相当)の分布と重なる傾向にもあったというから、行政が戦うのもわかる。

 ちなみに、炭酸飲料水の大手コカコーラだが、ビル・ゲイツ氏の財団ビル&メリンダゲイツ・ファウンデーション・トラストが、同社株2142万株(9億1419万ドル分)をすべて売却するなど、時代を反映しているかのようだ。

 もちろん、世界屈指の大富豪ウォーレン・バフェット氏のような例外もあるが、年収の高い、低いにかかわらず健康に留意する習慣が米国にも根付きつつあるのか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする