トップ >  メイク・マネー >  銀座のレジェンド「秀ママ」脱税で引退 「銀座タックスヘイブン」時代の終焉

銀座のレジェンド「秀ママ」脱税で引退 「銀座タックスヘイブン」時代の終焉

40年も銀座に君臨

 1500以上の飲食店舗がひしめきあう銀座、景気の波をいつも受けやすい業界だけに出店、退店は常の世界だが、秀ママは足掛け40年もの長きに渡って銀座の街に君臨してきた。

 「みなさんにご迷惑をおかけして、たいへん申し訳なく思います。(脱税は)二度としないと断言します。もう年齢も70歳ですし、体力も気力もありません。きっぱりと経営から身を引き、(銀座から)いっさい手を引きます」



 事実上の引退宣言を行い、あっさりとその座を手放した。脱税に手を染める一つのきっかけには、店の経営権を手に入れてママになるために多額の資金が必要であるというものもある。というのも「銀行はクラブのママを相手には融資はしてくれませんし、店を出す資金や改装費用をはじめ諸々の資金は、ママの財布から出ていますから」と、ある黒服は言う。

 秀ママも「銀行は貸してはくれませんし、自己資金がすべてです」と証言している。経営母体の会社には都市銀行の元役員を代表者に入れるなど、そうした結びつきからは言葉をそのまま受け取るわけにもいかないが、ビルのオーナーに請求することなく自身で店舗改装の資金を賄ったことも判明している。

 秀ママは、5つの運営管理会社を通して実質的に店舗の経営を行い、売上からコンサルタント料を受け取っていた。もちろん、自身の名前は会社に残さないなど用意周到だったことは言うまでもない。さらには、店のホステスの源泉徴収を申告しないという手口で2度も起訴された。

 元々、ホステスは入れ替わりが多いために、お金の出入りの確認が外部からはやりにくいというこの業態ならではの使い古された手口でもある。経理担当者に任せていたという秀ママは「税務署が来なかったので、ちゃんとやっているのだと思っていました」と証言したが、「ワンマン経営者であり、責任を転嫁した供述を真に受けることはできない」と裁判所からは見抜かれていた。

 やはり、銀座のホステスの力の源泉は金なのである。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする