トップ >  メイク・マネー >  銀座のレジェンド「秀ママ」脱税で引退 「銀座タックスヘイブン」時代の終焉

銀座のレジェンド「秀ママ」脱税で引退 「銀座タックスヘイブン」時代の終焉

超有名店の経営権は2億円?

 人気芸能人たちも通う別の超有名店「G」では、身売りを検討しているという報道が一部で出た。その額は2億円というものだが、実はこの話は、Gに近い関係者によると、ママはこの価格と報道には強く否定した上で怒ったのだという。株しかバブルものがない今のご時世に、そんな価格があり得るのかどうかはともかく、個人間での相対取引であるいじょう、真偽のほどはわからない。

 「名店はわかりませんが、実際に銀座の店舗の経営権は、500万円くらいが売買の相場だと言われます。でも、2011年の東日本大震災以降は、タダ同然でも手放したいと考えているオーナーもいたくらいですが」(銀座のホステス)

 いずれにせよそれなりの資金が必要であり、これが度を越さない範囲で節税をする動機の一つであるとも言われる。それが店舗を持ったり、店舗を拡大していく原資となるからだ。

 「昔、銀座をタックスヘイブンだと呼んでいたお客さんがいましたが、長年続いている店はそれだけ鉄壁の節税策を取っているもので、そのあたりのことを言っていたのではないかと思います」と、前出の業界関係者は言う。しかし、その一方で別の業界関係者は「税務調査は一般の会社と同じように行われますが、そこは大目に見てくれていた部分もあったと思いますが、このご時世、(国税庁の目も)甘くはないということでしょう。それに、売上自体が落ちていますから、売上を上げたいと言う方が本音では」という。秀ママが語った動機の一つには、売上が落ちたことを挙げているが、今の時代を反映している。

 当局の目が厳しくなったことで、タックスヘイブンの寿命は終わる。それ以前に、致命的なのは売上の減少という点はどうにもならないということだ。また、人的な資本であるホステスもあえて危ない橋を渡ろうとしないように意識が変わってきていることもあるだろう。

 さて、秀ママだが、すでに延滞税、追徴金などは完納しているために、実刑だけは逃れた。「40年にわたり貯めてきた老後の資金があります。食料を買うお金はあります」と余生はおとなしく隠居することになりそう。自身がまいた種ながら、銀座のレジェンドの晩節としてはあまりにも残念な終わり方となった。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする