トップ >  メイク・マネー >  銀座のレジェンド「秀ママ」脱税で引退 「銀座タックスヘイブン」時代の終焉

銀座のレジェンド「秀ママ」脱税で引退 「銀座タックスヘイブン」時代の終焉

 日本最大級の繁華街で高級クラブがひしめく東京・銀座。名物ママとして知られた、秀ママこと、佐藤成子氏(69歳、源氏名:中田秀子)が、二度目の脱税でこのたび罰金刑を受け、銀座の夜の街からの引退を宣言した。40年の長きに渡って君臨してきた「レジェンド」の引退。さらには、一部では銀座は「タックスヘイブン」とも呼ばれてもいるが、国税庁の姿勢のより一層の厳格化、売上の減少など、時代の終焉でもある。

白金台の豪邸、ジャガー

 「生きる夢も希望もありません」。

 か細い声を絞り出した秀ママに、かつての姿はなかった。こんな言葉を吐く姿を想像するものは銀座の街では誰もいないだろう。東京地検での取り調べでも、行き帰りは自身の足では歩くことができないくらいに憔悴し、病院に長期入院もしたほどだという。

 千葉県の房総半島で生を受け、20代で銀座の街で職を得て、自分自身の店舗を持ったのが30歳そこそこ。「秀ママ」と呼ばれ、以降はリッツクラブ、クラブマンダリンなど複数の有名店を経営するまでになった立志伝中の存在でもある。


秀ママ
秀ママの自宅
 大企業の役員や、オーナー社長、セレブら数多くの富裕層たちを上顧客に持ち、港区・白金台には御殿と呼ばれる豪邸(節税目的か関係者への管理会社に賃貸?)を構えてもいる。年収は定かではないが全盛時には数億円はあったのではないかと見られる。店の売上、さらにはチップ、プレゼントなどを合わせれば正確にはわからない。

 その秀ママの印象は「どんなお客さんも秀ママの言うことは聞くらしく、表の人も裏の人も誰も逆らうことなどできない絶対的な存在だと聞きます」(銀座の業界関係者)。高級車を乗り回し、高級品を身にまとい、フェラーリや最も新しいところではジャガーが愛車だったという。

 ただ、出るお金に対しては細かい性分だったようで、あるホステスによると、懇親会費を集めるという名目で天引きするなどしていたという。だが、ホステスへの御祝い事などは実際にはなかったそうだ。それでも、秀ママがにらみを利かせれば、ホステスから文句など出なかったが、そのホステス給与の源泉徴収の一部を申告せずに「つまみ納税」を行っていた。

 2008年に2億4000万円を脱税したとして、有罪判決を受け(4年の執行猶予付き)、その猶予期間中に同じ手口で過ちをおかし、今度は1億7000万円を脱税し、罰金刑になった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする