トップ >  ニュース >  「犬を●●する練習」中国一の大富豪長男がまた「卑猥投稿」トラブル

「犬を●●する練習」中国一の大富豪長男がまた「卑猥投稿」トラブル

 総資産額242億ドルで中国一の大富豪である、王健林氏(60)の長男・王思聪氏(27)が先日、ソーシャルメディア上で犬を抱いている写真を掲載し、キャプションに「犬の●●する練習をしているところさ」などと卑猥な言葉を掲載し、中国国内のメディアで批判の的になっている。問題のポストは現在は削除されている。名家の3代目のネット上の素行に、中国国民が注目している。


ウェイボ
 王健林氏は、中国最大の不動産デベロッパーグループであるワンダグループの創業者。王思聪氏は27歳ながらも、ワンダの持ち株会社の株式2%を握っており、父の健林氏は残り98%を保有している。

 幼少期から海外で教育を受け、英ウィンチェスター大を卒業後は、ワンダのいくつかのプロジェクトの責任者などで事業にかかわってきた。現在は、父から出したもらった資金でプライベートエクイティ会社プロメテウス・キャピタルを創業し、また、ゲーム会社なども経営している。爽やかなルックスとも相まって女性人気も高く、インターネット上ではウェイボに、1166万人以上のフォロワーがいる。

 ただし、ネット上やメディアで卑猥な投稿が多すぎることが致命的な欠点となっている。例えば、誕生日には、豪華なバスに浸かって女性といる写真を掲載したり、「私が女性を選ぶ基準は巨●だ」と言ってみたり。もちろん、自身の誕生パーティーに韓国の人気女性アーティストのT-ARAを呼んでいる写真もあるにはある。

 そうかと思えば、今回問題にされた3月29日の投稿は、「犬と●●する練習をしているところさ」などという言葉だった。

 祖父は中国人民解放軍の英雄でもあり、父は起業で大成功した中国ナンバー1の大富豪という華麗な血族ではあるが、一族は派手な拡大路線を取っている。現在は、スペインの強豪サッカーチームのアトレティコマドリードの株式も保有、英高級ヨットブランドのサンシーカー社も傘下に収め、将来はディズニーランドを超えるリゾート施設の建設に野望を燃やす。

 3代目がまともになるのはいつのことか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする