トップ >  ニュース >  女性IT長者ランキング、相続人0、雇われ社長強し

女性IT長者ランキング、相続人0、雇われ社長強し

 女性のIT長者ランキング1位は、ヒューレット・パッカードCEOなどを務めたメグ・ホイットマン氏で、13億ドル(約1546億円)となった。シンガポールの調査会社ウェルスXが集計した。5人中、自ら起業したのは1人で、あとは参謀、もしくは雇われ社長という内訳となった。

 女性の大富豪は相続人の場合が多く、ウォルマ-ト創業家のクリスティー・ウォルトン氏が世界一の女性大富豪で、資産総額は417億ドルになる。また、3位にも同族のアリス・ウォルトン氏が入るなど、相続人たちが幅を利かせる世界でもある。また、ロレアル相続人で2位のリリアン・ベタンクール氏は90歳を超え認知症を患うなど高齢化が進んでいるのもまた事実だ。

 一方でIT長者となると、顔ぶれがガラリと変わる。

1 メグ・ホイットマン(58)   13億ドル ヒューレットパッカード
2 シェリル・サンドバーグ(45) 12.2億ドル フェイスブック
3 彭蕾(ルーシー・ペン、56)  12億ドル アリババ
4 王雪紅(56)         8.9億ドル HTC
5 マリサ・マイヤー(39)    4.1億ドル ヤフー
※敬称略


メグ・ホイットマン
メグ・ホイットマン氏
 1位のメグ・ホイットマン氏は日本でもよく知られるが、ハーバードビジネススクールでMBAを取得し、P&G、ベイン&カンパニー、ウォルト・ディズニー、ハズブロなどの有名企業で要職を務めてきた。ちなみに、日本のディズニーストアのオープン計画もこの人の仕事だった。特に零細だったイーベイを世界最大のネットオークション会社にしたことなどで大きな資産を築いた。

 2位のサンドバーグ氏は、創業者に請われてフェイスブック入りし、同社株によって大きな資産を築いている。3位のルーシー・ペン氏はアリババのオンライン決済部門の会社アリペイのCEOであり、市場最大の新規株式上場となったアリババ長者の一人である。

 4位の王雪紅氏は、台湾プラスチックグループ創業者で台湾の経営の神様とも言われた王永慶氏の愛娘。あえて実家を継ぐ道を選ばずに起業した。5位のマイヤー氏は、グーグル幹部からヤフーCEOに就任した雇われ経営者。

 下はフォーブスによる、女性の大富豪のランキングとなる。女性で世界一は、ウォルマート創業家のクリスティー・ウォルトン氏で417億ドル。世界8位。6位のローレンス・パウエル・ジョブズ氏は、アップル創業者の未亡人でアップル株、ディズニー株が主な資産だ。

1 クリスティー・ウォルトン 417億ドル
2 リリアン・ベタクール 401億ドル
3 アリス・ウォルトン 394億ドル
4 ジャクリーン・マース 266億ドル
5 マリア・フランカ・フィソロ 234億ドル
6 ローレンス・パウエル・ジョブズ 195億ドル
7 アン・コックス・チェンバース 170億ドル
8 スザンヌ・クラッテン 168億ドル

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする