トップ >  ニュース >  未来のドローン大富豪は34歳中国人

未来のドローン大富豪は34歳中国人

 首相官邸(東京・千代田区)の屋上に、無人の小型航空機「ドローン」が墜落し、さらに機体からは少量の放射性物質が発見される事件が発生し、警視庁が捜査を行っている。このドローンとはどういうもので、誰が作っているのだろうか。その青年は30代の大富豪候補でもある。


ドローン
個人向けドローン最大手JDI
創業者のFrank Wang氏
 このドローンは「ファントム」と呼ばれる機種で、開発した中国メーカー「DJI」(Da―Jiang―Innovations)。創業者Frank Wang氏は時価総額100億ドルを目指すという未来の大富豪でもある。

 DJIはWang氏によって2006年に創業された企業。ラジコンヘリの熱狂的なプレーヤーだったが、Wang氏はかねてより操縦の難易度の高さに対して疑問を持っており、個人差をなくすことができるように、ラジコンヘリを開発することが夢だったという。

 香港大学在学時から研究を重ねて、2006年に創業。現在は34歳になる。

 「ファントム」のシリーズは機体を軽量化し、より操作性が向上したことで、操作において個人差が極力排除されたとも言われている。欧米、中国、香港、日本でも普及が進んでいるところで、世界の個人向けドローンマーケットの60%近いシェアを誇る最大手でもある。ちなみに、今年米国のホワイトハウスでも墜落しているが、その時も首相官邸と同じくファントムだった。

 日本で今回の件を受けて、菅義偉官房長官は法規制を今後検討するために関係省庁で連絡会議を設置することを明らかにしている。また、DJI側の対応としては、飛行禁止区域は飛べないようにソフトウェアを設定し、首相官邸などは新たに禁止区域に入ることになる。

 中国から生まれた希少な国際的コンシューマー企業でもあるが、Wang氏は時価総額100億ドル企業を目指すとしている。

 全米家電協会(Consumer Electronics Association)の予測によると、2015年は対前年比49%増の34万台以上の普及台数になるとしている。また、米調査会社ウィンターグリーンの予測では、2021年までには50億ドルの市場になるという。

 ドローンの使用用途は、かなり幅広い。今まで地上からはできなかったこともできるようになり、チャンスは大幅に拡大し、ドローン大富豪ではないが、ドローンを使ったビジネスで大富豪になる人も出てくるだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする