トップ >  メイク・マネー >  大荒れ報酬50%減、ヘッジファンド報酬ランキング

大荒れ報酬50%減、ヘッジファンド報酬ランキング

 ヘッジファンド業界の2014年分の報酬ランキングが、米専門誌インスティチューショナルインベスターズ(アブソリュートリターン+)から発表され、1位はシタデルのケネス・グリフィン氏で、13億ドルだった。しかし、上位25人の報酬総額は前年分と比べて50%近く減額に。2014年が業界的に厳しい年だったことを表すランキングとなった。

シカゴの天才が初の栄冠

 上位25人の報酬総額は116億ドルで、前年2013年分の211億ドルの半分近くにまで落ち込んでいる。2013年分は過去4番目に高額報酬であったが、だが、2014年分はヘッジファンドが株に負けた年でもあった。

 S&P500が13.7%に対して、ヘッジファンド指数HFRが3.7%と、10%の大差がついている。

◆ヘッジファンドマネージャー報酬ランキング(マネージャー、報酬額、社名)
1 ケネス・グリフィン     13億 シタデル
2 ジェームズ・シモンズ    12億 ルネサンス・テクノロジーズ
3 レイモンド・ダリオ     11億 ブリッジウオーター・アソシエイツ
4 ウィリアム・アックマン   9.5億 パ-シング・スクエア・キャピタル
5 イスラエル・イングランダー 9億  ミレニアム・マネジメント
6 マイケル・プラット     8億  ブルークレスト・キャピタル・マネジメント
7 ラリー・ロビンス      5.7億 グレンビュー・キャピタル・マネジメント
8 デビッド・ショー      5.3億 DEショーグループ
9 アンドレアス・ハルボーセン 4.5億 バイキング・グローバル
10 チェース・コールマン    4.25億 タイガー・グローバル
※単位:米ドル

 ケネス・グリフィン氏は今回が初の1位。現在46歳となったが、運用の才能はハーバード大の学生時代から一部では知られた存在で、早くから将来を嘱望されてきた。報酬額は13億ドルと、例年よりも低水準となったが初の栄冠を勝ち取った。

 シタデルの旗艦ファンドである、ケンジントン&ウェリントン(マルチストラテジー)は2014年は年率18.3を達成している。これまでにも、2009、10、12年とそれぞれ20%超の年率リターンとなっている。シタデルは、前FRB議長のバーナンキ氏も上級アドバイザーに就任するなど、業界でも一目置かれる存在。

 今回は展開に恵まれた感もあるが、二十歳から運用を始めたシカゴを拠点とする早熟の天才がようやく頂点に上り詰めた。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする