トップ >  ニュース >  ニトリ社長「私の履歴書」に母の説教「歳まで忘れるなんて」

ニトリ社長「私の履歴書」に母の説教「歳まで忘れるなんて」

 「嘘ばかり吐くのはやめなさい」。

 ニトリ社長の似鳥昭雄氏が日経新聞文化面の連載「私の履歴書」で披露した、様々な破天荒エピソードが話題を呼んだ。一例を挙げると次のようなものだが、それらについて、実母のみつ子さんが今度は、週刊文春誌上で反論したのだ。

・米が家になく食べられなかった
・父親、母親から子供時代は気絶するくらい殴られた
・地元工業高校に裏口入学するために校長に米俵をワイロとして贈った
・北海学園大入試で到底受からないので、カンニングをする
・暴力団のマネをして水商売客の未払い金の取り立てのアルバイトをする
・父の会社に就職してすぐに自分が貯めた5万円を持って家出

 資産17億ドルで日本でも15位(フォーブス)の大富豪となった似鳥昭雄氏。私の履歴書での登場は経済人としては一つの大きなステータスシンボルでもあるのだが、そこで披露されたエピソードがおよそ上場企業の創業社長とは思えないほど。

 だが、みつ子さんは「調子に乗って、あることないこと書いて。あの子は小っちゃい頃から嘘つきなのさ」と反論している。実家は米店だったために米がなかったというのもウソで、裏口入学もウソで、気絶するまで殴られたのもウソだとしている。そして、家出も母の金8万円を持ち逃げしたとも付け加えている。

 そんな似鳥家と昭雄氏は、相続について係争をしてきたが、みつ子さんは第二審ですでに和解していたことを明らかにしている。

 父のニトリ株は昭雄氏に相続されているが、株をめぐって昭雄氏の相続手続きに問題があったとして遺産分割協議の無効を求めていたもの。一審は母側の訴えが退けられていた。解決はしているが、長い間会っていないという。

 みつ子さんは現在94歳だというが、似鳥社長は週刊現代の取材に「ウチのおふくろは今年で96歳になる」と語っている。しかし、この下りについて、文春誌上で「母親の歳まで忘れて母さんは悲しい」と打ち明けている。

 息子がいくら立派な経営者になっても、母親の目だけはごまかすことはできない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする