トップ >  ニュース >  橋下市長、来年の年収は大幅増確実?

橋下市長、来年の年収は大幅増確実?

 儲ける力がある人は、そもそも政治家を職業にしない方が儲かる。

 橋下徹・大阪市長が、弁護士業務への復帰を宣言し、さらにはタレント業についても
「ギャラももらいますよ」とほのめかしており、在阪マスコミもすでに起用に向けて動き
出している。今後は知事・市長を経験した弁護士タレントという位置づけで、大活躍しそう。

 大阪市の市長報酬は年間1509万円。退職金は751万円(減額前は約4000万円)。実は橋下氏が政界入りする前の講演料は1回だけで100万円以上だったという。政治をやるよりも、イチ民間人に戻る方が稼ぎははるかに多くなるのである。

 ちなみに府知事時代の2008年2月から2009年3月までのTV出演料は約900万円だったことを公開している。報道番組、報道系番組は、取材という名目として、出演料は受け取っていない。

 自身が所長の「橋下綜合法律事務所」は現在も残しており、大阪地裁の近くの事務所もそのままだ。ここを拠点に、本業の弁護士業務を土台とした上で、テレビ出演で知名度やブランドを高めて、講演料などにも反映されるという仕組みだ。
 
 テレビ局編成関係者は「詳細まではわかりませんが、企画がどうのこうのという話は伝わってきます。でも、バラエティで最初になるのは、やっぱり日テレさんかなぁ?」とこぼす。

 政界入りする前の芸能活動のブッキングは、爆笑問題らが所属するタイタンが行っていた。
現在は完全フリーのために、どう仕事を選んでいくのかわからないが、「おとなしく弁護士
だけに収まるような人ではないことは、みんな知っていますから」と前出編成関係者。報道系バラエティー番組のようなオファーは喜んで受けると見られる。また、その際のギャラは文化人ではなく、タレントとして在京テレビ局なら1本数十万円クラスが相場か。

 ただし、橋下氏起用はテレビ局もリスクを負う。

 「敵を作りやすいために、メインを張れるのかどうか疑問です。スポンサーはおろか、視聴者、ネットなどの反応に、上も現場もすぐにヒヨる傾向にありますからね」(同)との懸念もある。本当に口は災いのもとなのである。

 しかし、根強いファンがいることも確かで、晴れて自由の身となる来年1月以降は、オファーが殺到することだけは間違いないだろう。1カ月くらいで市長の年収を超えるか?

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする