トップ >  ニュース >  モナコ不動産の取引が過去最高に

モナコ不動産の取引が過去最高に

 2014年のモナコ公国の国内不動産の取引が、ピークだった2007年を超えて27億ドル(約3270億円)に達したことがわかった。米CNNマネーが、英不動産コンサルタントのサヴィルズの話として伝えているもの。


モナコ
 人口3万人あまりの小国でも、富裕層純度(人口比率)が29.71%と世界最高であることが、米調査会社ウェルスインサイトの調査結果で明らかにされている。富裕層比率から見れば、取引額としては27億ドルと少ないように思えるのだが、不動産供給が少ないことも影響している。取引が伸びた要因としては、主な要因としては次のようなものが考えられる。

 まずは、為替でユーロ安になったことで、米ドル、英ポンド、スイスフランなどの資金が流れ込んできたことも大きい。さらには、元々はロシア人富裕層の購入が多いが、英国の政権交代予想によって新たな不動産税制が敷かれることが確実視されていたことなど、リスクヘッジとして選択したことも考えられる。米国の徴税強化もあるだろう。

 今年はさらに、世界最高額のペントハウスになることが決定的となっている、トゥール・オデオン(Tour Odeon、3億8700万ドル)が今年竣工することで大きな話題となっている。最高価格のオプランは、約400億円というウォータースライダー付きのペントハウスで、「Oneハイドパーク」(英)、「432パークアベニュー」(米)、「One57」(米)など名だたる物件を超える。

 モナコの高額物件の買い手の国籍は次のとおりだという(英ナイトフランク調べ)。

ロシア  35%
イタリア 25%
その他欧州22%
英国   10%
アジア  4%
その他  4%

 昨年末の原油安から危機回避行動を取っているロシア人富裕層は今年はどう動くのか。様々な思惑をともなって、今年もモナコ不動産の人気は続くかもしれない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする