トップ >  ニュース >  史上最高8000億円の「離婚大富豪」誕生か

史上最高8000億円の「離婚大富豪」誕生か

 ロシア一の大富豪であるウラジミール・ボタニン氏(54)が、前夫人との離婚の解決において財産分与として総資産の半分を要求していることが、現地メディアの報道でわかった。ボタニン氏の総資産は145億ドル(約1兆8000億円)のため、要求額は70億ドル以上(約8000億円)で、これまでの離婚解決金としては史上最高額となる。


ウラジミール・ボタニン
ウラジミール・ボタニン氏
 前夫人のナターリヤ氏は米CNNに出演し、30年に及ぶ結婚生活の解決金として夫側から提示された条件は、生活費と3人の子供の養育費として毎月25万ドル、さらには、モスクワ、NY、ロンドンの不動産を使用を許可するというものだったという。

 ボタニン氏は世界最大のニッケルメーカー「ノリリスク・ニッケル」の創業者であり、同社の筆頭株主でもある。同社株式の時価総額は1兆5400億ルーブル(約3兆5000億円)で、うちボタニン氏は30%を保有している。

 支配株主のため、そうなると懸念されるのは会社への影響。昨年、米石油王ハロルド・ハム氏は離婚訴訟の際に、コンチネンタル・リソーシズの株式をどれだけ手放さなければならないかという懸念が一時は株式市場でも話題となったが、大部分は手放さずにすんだ。現在も筆頭株主&経営権の両方を維持しているが、万が一もあり得ないわけではない。

 また、ナターリヤ氏によると、ボタニン氏はこれ以外にもオフショアに隠している資産もあると述べている。ボタニン氏は昨年、ダンサーの女性と再婚している。これまでの離婚解決金で史上最高額となった(下図参照)、ドミトリー・リボロフレフ氏とエレナ夫人(45億ドル)の場合は浮気が原因となったのだが、自身の娘名義で超高級不動産を購入するなど自分名義の資産を減らしていた。また、不明となっている資産が他にもあるとも言われている。

 ちなみに、ボタニン氏は、ビル・ゲイツ氏らが提唱する「ギビング・プレッジ」(自身の死後に総資産の半分を寄付する)に賛同し名前を登録している。いずれは自身の資産が半分消えることは確定しているのだが…。

 ロシアの離婚の財産分与は50%が基本でもあり、いずれによせ、史上最高額の離婚解決金記録を樹立しそうだ。

 ◆これまでの離婚解決金ランキング
1 ドミトリー・リボロフレフ&エレナ  45億ドル
2 ルパート・マードック&アンナ    17億ドル
3 バーニー・エクレストン&スラビカ  12億ドル
4 ハロルド・ハム&アーナル      11.9億ドル
5 アドナン・カショギ&ソラヤ     8.7億ドル
6 スティーブ・ウィン&エレーン    7.4億ドル
7 クレイグ・マッコー&ウエンディ   4.6億ドル
8 メル・ギブソン&ロビン       4.2億ドル
9 ロバート・ジョンソン&シェイラ   4.0億ドル
10 アーノルド・シュワルツエネッガー&マリア 3.7億ドル
※敬称略

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする