トップ >  ニュース >  フェラーリ株とヴィンテージフェラーリはどっちが良い投資?

フェラーリ株とヴィンテージフェラーリはどっちが良い投資?

 伊高級スポーツカーブランドのフェラーリが先日、伊自動車メーカーのフィアットグループからスピンオフして米NY証券取引所への上場申請を行った。今後は株式の取引を市場を介して行うことができるようになるが、投資対象として見た場合に、一方で現物のヴィンテージフェラーリは人気化しており、どちらが良い投資先になるのだろうか。

 昨年2014年のヴィンテージカーオークションで、高額落札の上位10台中9台を占めた車は何か?

 それはフェラーリだが、「フェラーリ250GTO」が3800万ドルで落札されるなど驚異的なブランドの強さをまざまざと見せつけた。企業として見れば自動車メーカーにして、高級ブランドになるだろうが、一般的には後者の価値観の方が圧倒的に強く、人気が人気を呼んで価格に反映されている。

 ここ最近で高額取引となった代表的な例は次のようなものがある。 

車種             落札額    落札月
250GTO(1963年型)    5200万ドル  13年10月
250テスタロッサ(1957年型) 3980万ドル  14年2月
275GTB(1967年型)    2750万ドル  13年8月
375-Plus(1954年型)  1820万ドル  14年7月

 2013年に取引された250GTOは落札額が5200万ドル。購入者は公表されていない。これは当初の予想落札価格よりも約50%高かったという。

 高騰が続いているが、米ヴィンテージカー専門保険会社ハガーティ社が算出した指数では全体の相場観はどのように表れているのだろうか。市場の過熱度を測る「Hagerty Market Rating」では最高を100とすると、今年5月には71.94と過去最高を記録した。過熱状態を示す80~100にまではいたっていない。
フェラーリ


フェラーリ
ナイトフランクより
 また、英不動産会社ナイトフランクが算出したラグジュラリー・インデックスは、最近10年で高級品全体が平均205%上昇。その中でもヴィンテージカーは487%とズバ抜けたパフォーマンスを示している。2008年のリーマンショック時にも上昇が一時期止まっただけで下落はなく、いまだ上昇は続く。

 今年に入ってからは、フランスの山村の農場で埋もれていた「フェラーリ250GT SWBカリフォルニア・スパイダー」が、パリのオークションで1420万ドルの高値がついた。もちろんレストアを行った上での競売だが、1950年代、60年代のフェラーリにはとにかく高値がつく状態が今後も続きそうだ。

 一方でフェラーリの株式については、業績は公表されているものの、そもそも時価総額がわからない。フィアットのマルキオンヌCEOは110億ドル規模だと発言したり、報道各社が独自で試算するなどしているが、CEO発言を基準にすると、約1兆3000億円というところか。最終利益2億6500万ユーロ(約360億円)から、PER(株価収益率)を単純計算すると36倍程度になる。

 他のラグジュアリー企業のPER水準は、エルメスアンテナショナルが41倍。フィナンシェール・リシュモン32倍、プラダ27倍、LVMH14倍、ティファニー25倍となっている。これらと比べればやや割高感はあるようだ。

 ヴィンテージカーの価格高騰を後押しした一因とされるのが、前会長のルカ・ディ・モンテゼーモロ氏による減産宣言。現在は拡大路線を志向するマルキオンネ氏に交代している。出荷台数はもう少し上乗せされると見られるが、ブランド価値の棄損を第一に考えれば大幅な増産はないと見るのが妥当か。

     2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
出荷台数 7255  7000  7405  7195  6573
従業員数 2843  2774  2708  2709  2779

 ただ、研究開発費やセールスコストは年々上昇していることもあり、台数を増やさないかぎりは価格に転嫁されることになるか。

 上場は年内を目指すが、一部の市場筋からは上場タイミングとしては絶妙な売り時だとも言われている。ただ、上場すればご祝儀はありそうで、株式、現物ともにもう少し上昇相場となりそうだが。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする