トップ >  ニュース >  世界No.1ヘッジファンドが来年上場を計画、目的不明? 

世界No.1ヘッジファンドが来年上場を計画、目的不明? 

 米著名ヘッジファンド運用者ケネス・グリフィン氏が率いるシタデル・インベストメントが来年2016年後半にも、新規株式上場(IPO)を計画していることが4日わかった。米WSJの取材に答えたもので、理由は明らかにしていないが注目が集まる。

 米ハーバード大1年生の19歳時から27年、46歳となった今年、初めてヘッジファンド運用業界で報酬1位(13億ドル)となったのが、ケネス・グリフィン氏だった。学生寮にトレードルームを作り、在学中にすでに運用資産は1億円を超えるまでになっていたそうで、早熟の天才だった。

 問題視されることもある、超高速取引HFT(ハイフリークエンシートレーディング)の代表的存在でもある。一説には米国株式取引の3分の1がシタデル経由だと言われることもあるほど。2008年には大打撃を受けたものの、旗艦ファンドのケンジントン&ウェリントン(マルチストラテジー)は2014年に年率18.3を達成している。2009、10、12年にもそれぞれ20%超の年率リターンを記録した。

 そして、上場の話が、WSJの取材で出てきた。しかし、上場目的は明確には語ってはいない。ただ、シタデルは過去2006年には20億ドルの社債を発行しており、また、上場についても話し合いはされてきたという。

 過去の同業者の上場では、英マン・グループ、さらには フォートレス、オクジフと大手ヘッジファンドが上場を果たした。どの社も日本でもなじみが深い名前だ。そして、昨年は代表的な米アクティビストのパーシング・スクエア・ホールディングスがアムステルダムに上場を果たしている。パーシングは資金調達をはっきりと明言したが、他は明確ではない。


ヘッジファンド
グリフィン夫妻
 運用資産総額は日本年で約3兆円と巨大な組織となっており、新たな資金調達の必要性は感じられない。個人資産も55億ドル以上保有している。一つの可能性には、離婚係争中のディアズ夫人との財産分与などの資金を作るためとの憶測もあるが、これについては明確に「ビジネスはビジネスだ」と否定している。

 ただ、業界盟主としての信用を補完したいのではないか、とも見られる。というのも、母校ハーバードにも1億5000万ドルを寄付するなど社会貢献にも積極的になっている。また、昨年、ベン・バーナンキ前FRB議長を顧問として招へいしてもいる。業界では過去に、業界の盟主となったポールソン&カンパニーが、同じく元FRB議長のアラン・グリーンスパン氏を顧問として招へいしたこともあった。HFTが市場で忌み嫌われる存在でもあり、信用補完をしたいとの意味合いはありそうだ。

 ちなみに、前出のフォートレス、オクジフは上場が2007年。サブプライムショック時の前だが、相場の潮目の目印となるのか。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする