トップ >  メイク・マネー >  【ロッテお家騒動】火種残る「L投資会社」「光潤社」巡る戦い

【ロッテお家騒動】火種残る「L投資会社」「光潤社」巡る戦い

◆ロッテ本社4階にある「奥の院」
 昭和42年に資本金2000万円で設立された「光潤社」が過去から現在にいたるまで、ロッテという巨大財閥の頂点に位置する構造は変わっておらず、ロッテHDの株式約27%をいまでも保有している。2年ごとに役員の改選が行われるのだが、こちらは現在でも創業者の武雄氏が代表者を務めている。

 わずか従業員3人程度の会社ではあるが、過去の朝鮮日報の報道によると、企業価値が約4兆4000億ウォン(約4600億円)、1株あたりの価値に換算すれば約1億1200万ウォン(約1200万円)になるのだという。この光潤社を掌握しないことにはロッテを掌握したことにはならない、と言ってもあながち言い過ぎではない。

 前出関係者は「代表者と筆頭株主は武雄氏でしたが、兄弟お二人に株式が贈与されているとも言われています。宏之氏がクーデターに出たように強気の姿勢を崩さないのは、光潤社の筆頭株主になったからではないか、という情報もあります」というくらいだ。宏之氏、昭夫氏ともに取締役に名前を連ねているが、宏之氏が長男ということで光潤社株について何らかの贈与を受けた可能性は否定できない。

 韓国メディアではドロドロした部分まで報道しており、武雄氏の秘書室長を約25年務めてきたキム・ソンフェ氏が退任したのは昭夫氏が関わっているとしたり、宏之氏がL投資会社の代表人事もニセの委任状が出された主張したり、本当に韓流ドラマのようなエピソードが多数出てくる。

 これが終わりとは思えない。


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする