トップ >  メイク・マネー >  愛娘との決別! 大塚家具・前会長「匠大塚」創業 勝久派の受け皿か?

愛娘との決別! 大塚家具・前会長「匠大塚」創業 勝久派の受け皿か?

◆「後継者は一族にこだわらない」
「(大塚家具は)私は自分の家族の会社とは思っていません」

 これは勝久氏が先の訴訟で、7月13日に東京地裁で行われた本人尋問の中で証言した言葉だ。この尋問の時点ではすでに匠大塚は設立された後であり、まるで新会社の設立をほのめかしているかのようでもある。この尋問では、一連の経緯や匠大塚設立など背景となるような2人の信条が吐露されている部分もあるので、振り返っておきたい。


大塚久美子
新ロゴを発表する大塚久美子氏、
右はTVCMに出演する平祐奈さん
 訴訟の本筋と詳細については上記のリンクに譲るとして、この訴訟自体は相続としての資本の問題だが、それを経営観の違いから両者の溝が埋まらなくなり司法の場に戦いが移ったというのが本質だ。勝久氏は自身の相続観についても初めて、公の場で述べている。

 「なぜ遺言書が必要なんですか、まだ作っていませんし、そういう考えがありませんでした。株式を売却すればよろしいじゃないですか。そして、ちゃんと税金を払ったらよろしいじゃないですか」

 これは自身が保有する大塚家具の株式をききょう企画に移すという久美子氏の提案には反対で、5人の子供たちそれぞれが株式を継げば良いという考えを示したものだ。また「私は自分が力がなきゃ、やめさせられるというつもりで経営してきました」と、経営トップは実力主義、成果主義であることを強調した。

 その上で「いい会社であれば、会社を存続する人があれば、色々な方法があります」と後継者を一族から出すことにこだわりがないことや、他の会社に買収されることも仕方がないという意見を述べている。

 久美子社長の弟で長男の勝之氏が当初は、大塚家具株式59万株、ききょう企画の株式50%を保有するなど後継者的な位置付けともされたが「ただ長男というだけ。跡を継ぐかもしれないと思ってやってきただけで、継がせると決めていたわけではないし、そういう決まりもありません」と証言している。

 一方の久美子社長だが、勝久氏のことを終始「原告」と呼び続けており、もはや父親ではなく、退出した前経営者という第三者として見ているかのようだった。また、証言も2人の間でまったく食い違っている。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする