トップ >  ニュース >  トランプ氏がポールソンなどヘッジファンドに131億円投資、意外な年金や講演料も

トランプ氏がポールソンなどヘッジファンドに131億円投資、意外な年金や講演料も

 米共和党の大統領候補である米大富豪ドナルド・トランプ氏(69)が、著名ヘッジファンド運用会社ポールソン&カンパニーなど最高で1億800万ドル(約131億円)のヘッジファンド投資を行っていることが、資産調書から明らかになった。

 トランプ氏が選挙管理委員会に届け出た資産公開資料で明らかにしたところによると、最低3750万ドル以上、最高で1億800万ドルのヘッジファンド投資をしている。届け出は会社からの給与、銀行口座、保有株式、その他の投資などが記されたもの。投資については具体的な金額はわからないようになっており、金額の下限と上限の範囲だけ指定されている。保有するヘッジファンドは次のとおり。

ブラックロック・オブシディアン・ファンド 2500万~5000万ドル 
バロン・アセット・ファンド        100万~500万ドル
バロン・スモール・キャップファンド    100万~500万ドル
バロン・オポチュニティー・ファンド    50万~100万ドル
バロン・フォーカスド・グロースファンド  100万~500万ドル
バロン・インターナショナル・グロースファンド 50万~100万ドル
バロン・リアルエステート・ファンド    100万~500万ドル
バロン・エマージング・マーケット・ファンド 25万~50万ドル
バロン・エナジー&リソーシズ・ファンド  25万~50万ドル
バロン・グロース・ファンド        100万~500万ドル
バロン・パートナーズ・ファンド      100万~500万ドル
AGダイバーシファイド・クレジット・ストラテジーズファンド100万~500万ドル
AGイレブン・パートナーズ        100万~500万ドル
ポールソン・クレジット・オポチュニティーズ 100万~500万ドル
ポールソン・アドバンテージ・プラス    100万~500万ドル
ポールソン・パートナーズ         100万~500万ドル
ミッドオーシャン・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド 100万~500万ドル


ドナルド・トランプ
ドナルド・トランプ氏とファミリー
 その中では債券型ヘッジファンドのブラックロック・オブシディアン・ファンドの保有金額が最も多く、2500万ドル~5000万ドルとなっている。ポールソン&カンパニーのファンドは3つを保有しており、SEC(米証券取引委員会)のファイルによれば、この3つは最低投資金額が500万ドルに設定されているために、すべて500万ドル投資していると見られる。

 政権公約の一つとして、アクティビストの大御所カール・アイカーン氏を財務長官に任命したいと発言。アイカーン氏も自身のツイッター上で、その発言の翌日に「受けることに決めたよ」と発言している。かと思えば、23日には米CBSのインタビューでは、ヘッジファンドマネージャーらはキャピタルゲイン課税の恩恵を受けていると批判するなど主張が一貫しない矛盾点もすでに出ている。
カール・アイカーン
 ただ、本人は現在保有の18本のヘッジファンドへの投資をやめる意思は示していない。また、民主党の有力候補であるヒラリー・クリントン氏も、愛娘の婿がヘッジファンド運用会社トップだが、投資にかかる税率について批判しているように、中間層や低所得者向けの人気取りのために一応は批判をしているようだ。

 トランプ氏の保有株式だが、あらゆる銘柄に及んでおり、大きなところではアップルを最大で700万ドル程度保有している。ブリストルマイヤーズ、キンダーモーガンも最大で500万ドル程度保有しているようだ。

 収入としては、自身が代表者である不動産デベロッパー、ゴルフコースなどから収入を得ており、年間1億円以上の収入を受け取っている企業も多く、その主なものは次のとおり。

不動産デベロッパー「401 North Wabash Venture LLC」4327万ドル
ゴルフコース「TRUMP NATIONAL DORAL」4944万ドル
ゴルフコース「TRUMP INTERNATIONAL GOLF LINKS - SCOTLAND」4349万ドル

 また、それ以外の収入でおもしろいところでは、プロデューサーとしてハリウッド映画組合にも加盟しており、こちらから年金を受け取っている(金額非公表)。また、サムスン電子の米国法人から、講演依頼を受けて1回で15万ドルを受け取っている。

 一方で負債も公表されており、総額では最高で約4億5000万ドル以上(約547億円)となる。本業が不動産デベロッパーのために、やはり多額の借入が必要となるのは仕方がないところだ。主な金額が大きいものは次のとおり(借入先、金額、金利)。

ラダーキャピタル 5000万ドル以上   4.20%
キャピタルワン  5000万ドル以上   5.71%
ドイツ銀行    5000万ドル以上   1.75%+ライボー
ドイツ銀行    2500万~2500万ドル 2.00%+ライボー

 ちなみにトランプ氏は、米23日時点のフォーブスのリアルタイムの推計資産総額では40億ドルで、世界で403位の大富豪にあたる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする