トップ >  ニュース >  株高は終わった? 金ETFに20%投資する伝説のヘッジファンドマネージャー

株高は終わった? 金ETFに20%投資する伝説のヘッジファンドマネージャー

 中国経済をめぐる先行きの警戒感から、株式市場で上海総合指数、NYダウや東京株式市場などでも大幅な下落が続いている。2011年後半以降4割以上も下落中だった金が動き出しているが、すでに引退した著名ヘッジファンドマネージャー、スタンレー・ドラッケンミラー氏が投資資産の20%以上、金額にして300億円以上を金ETFのスパイダー・ゴールドに投資し、再び注目を浴びている。

 6月には5000ポイントを超えていた中国・上海総合指数も2000ポイント以上の下げ。米国株式市場も、ダウ平均は連日の下落で15871.28ドルに。東京市場でも25日の日経平均株価は一時は500円以上の下げに見舞われた。


スタンレー・ドラッケンミラー
スタンレー・ドラッケンミラー氏(右)
 そんな中で、スタンレー・ドラッケンミラー氏が、今年第2四半期(4~6月期)に、金ETFのスパイダー・ゴールド・トラストを288万株(時価3億2362万ドル)購入していることが、SEC(米証券取引委員会)に届け出たファイルで明らかになっている。

 ドラッケンミラー氏はソロス・ファンドマネジメント時代の1992年には、イングランド銀行を相手に100億ポンドの売りを浴びせて豪快に勝利したことで名をはせた。独立後は自身のヘッジファンド運用会社デュケーヌ・キャピタルでも、平均して年利30%以上のリターンを継続的に叩き出してきた不世出の天才だったが、2010年に第一線から引退した。現在は、自身のファミリーオフィスの資金の運用と、講演活動、社会貢献活動を行っている。

 2001年から長期上昇トレンドに入った金。2008年のリーマンショック後には、各国の金融緩和政策とペーパー資産への警戒感からさらに上昇速度を上げ、2011年8月にNY金先物市場で、1オンス=1800ドルを突破し史上最高値を更新した。それからは下落しピークから4割以上の下落が続いてきたが、今年の7月に入ってから下げ止まり反転している。

◆保有上位5銘柄
スパイダー・ゴールド 3億2362万ドル
フェイスブック    1億6061万ドル
ウエルスファーゴ   9444万ドル
ライオンデルバセル  7421万ドル
ハリバートン     6662万ドル

 ドラッケンミラー氏は、中国の株価上昇と経済成長には疑問を呈しており、また、再三にわたって公の場でFRBの政策を批判してきたことでも知られていた。ただ、金相場についての公式な発言はなく、真意は測りかねる。

 前回、スパイダーゴールドの取引履歴は、2012年第1四半期(1~3月期)に遡る。この時は現在よりも多く、530万株(時価8億5923万ドル)だった。ただ、現在の方がポートフォリオ中に占める割合が高くなっており、株式市場に対する懐疑的な見方は十分に伝わってくる。

 ちなみに2012年は年内にすべて売却し利確しているが、今回はどうか。また、他にはポールソン&カンパニーが金ETFの割合を1割程度減らしているが、まだ金への軸足は残すなどしている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする