トップ >  ニュース >  「軽井沢」1400万円で落札、日本ウィスキーでは史上最高額

「軽井沢」1400万円で落札、日本ウィスキーでは史上最高額

日本産のウィスキーが海外で人気化し、このたび香港で行われたボンハムオークションで、「軽井沢」(1960年)が日本のシングルモルトウィスキーとしては世界のオークション史上最高額となる91万8750万香港ドル(約1436万円)で落札された。ウィスキーが投資対象として高騰していることに加えて、日本国産ウィスキーの国際的評価の高まりが、中国や東南アジア富裕層らを中心に人気が出ているようだ。


ウィスキー
 主催オークションハウスのボンハムによると、「軽井沢」の50年物は91万8750万香港ドル(約1436万円)、埼玉県のブランドである「羽生イチロー」は54本で379万7500香港ドル(約5935万円)でそれぞれ落札されている。落札者の情報はすべて公開されていない。

 同社香港でワイン担当のダニエル・ラム氏は「世界経済のスローダウンにも関わらず、このオークション結果は、ハイクオリティのウィスキーに対して強い需要が反映されているということ」と述べている。同社は11月にもウィスキーのオークションを予定しているという。

 現在、2012年のワールド・ウィスキー・アワードで、「山崎」25年ものがシングルモルトウィスキー部門で世界1位となるなど、日本ブランドがすでに世界で最高の評価を受けるまでになっている。さらには、今回高値で落札された 軽井沢は日本で初めてモルトウィスキーが製造された産地としても知られるが、蒸留所が2012年に閉鎖されている。羽生も2000年に閉鎖されている。軽井沢はワールド・ウイスキー・アワード2014のシングルモルト部門1位を受賞している。

 日本のウィスキーは20世紀初頭に竹鶴政孝によって日本国内に伝えられたため歴史は浅い。しかし、水や自然に恵まれた環境を生かした上で独自の研究を重ねて、海外勢からも細やかな製法と味わいに評価が集まっており、近年は山崎、白洲など世界的な賞を受けるなど評価が高い。また、日本産はオークションでは高額化しており、100万円超えも珍しくはなくなっている。

 さらに美術品などと同様に投資対象としての魅力が加わっている面もある。昨年1月のサザビーズ香港オークションでは、スコットランド産のマッカランが1本62万8205ドルという、シングルモルトウイスキーとしては世界最高額を付けている。世界初のウィスキーファンド「プラチナウィスキー・インベストメント・ファンド」も立ちあがったほどだ。

 同ファンドによれば、2011年11月~13年12月までに上位100のシングルモルトは230%のリターンになっているのだという。スコッチウィスキーの投資指数「IGS100」は、2008年から2012年までの間に292%となっている。
ウィスキー
 国産のウィスキー狩りは当分続きそうだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする