トップ >  ニュース >  2.4兆円を株からヘッジファンドと国債へ(米カルスターズ)、保有アップル株は30

2.4兆円を株からヘッジファンドと国債へ(米カルスターズ)、保有アップル株は300億円下落

 株式市場のボラティリティが大きくなってきたことで、ヘッジファンドへの投資を巡って、また新しい動きが出てきたようだ。全米最大の公的年金基金カルパース(米カリフォルニア州職員退職基金)が約4000億円のヘッジファンド投資の引き揚げを決めたのが昨年9月。その一方で、今度は2位のカルスターズ(カリフォルニア州教職員退職年金基金、CALSTRS)が、運用資産総額の12%にあたる、約200億ドル(約2兆4000億円)を長期債券とヘッジファンドに振り向ける方針を固めた模様だという。下落を想定した局面に入ったこの動きは、他の公的年金や機関投資家にも影響を与えそうだ。


 運用資産総額約1910億ドルのカルスターズは全米2位の規模を誇る公的年金基金。米LAタイムズなど
地元メディアが伝えたところによると、同基金が海外株式を中心に運用資産の12%にあたる約200億ドルを長期債券やヘッジファンドに振り向ける方針を固め、下落を想定した局面に入ったようだ。最終決定は11月になるという。

 2009年から約6年続いているNYダウの持続的な上昇は史上最高値を超え、1万8000ドルを突破してから今夏、1万6000ドル台に急落している。日々、下落と上昇を激しく繰り返すようになり、ボラティリティは上がっている。そうした市場環境の中での方針の転換となる。

 前回の大暴落、2008年9月のリーマンショックを教訓に、カルスターズは2010年に今後5年間の中期計画を発表している。その中にはより多様化することを明言しており、プライベートエクイティにも10%の資金を振り向けるなど、以前よりも多様性が増してきていた。ただ、皮肉にも株式市場が絶好調で、パフォーマンスもそれに連動するかのように回復局面の恩恵を受けた。下図は米コンサルティング会社ウィルシャー・トラスト・ユニバース・コンパリゾン・サービスがまとめた92の米公的退職年金基金の総資産額だが、昨年までに約6割も増加していることがわかる。各年金とも多様性も効果を生んだが、やはり株式市場の回復はこの上なく大きかった。
ヘッジファンド
ウィルシャー・トラスト・ユニバース・コンパリゾン・サービスより


 カルスターズのここ3年のパフォーマンスは年平均12.3%、5年で12.1%、10年で7.0%、20年で7.8%とどれも優秀なもの。特にここ3年間は優れたものとなった。

 株式全体で全ポートフォリオ中の約57%を占めるまでになっている。日本のトヨタ自動車の大株主でもあり、トヨタ種類株AAの発行においては反対意見を表明するなど、存在感を示す機関投資家でもある。その保有株式の中でも最大のものは、米アップル株で1700万株以上。次いで、マイクロソフト株2319万株以上、エクソンモービル株1176万株以上をそれぞれ保有する。

 ちなみにこれは今年6月30日時点のものだが、アップル株の時価は21億3706万ドルだった。それが9月3日終値時点では18億8055万ドルとなっている。アップル株だけでも、わずか2カ月程度の短期間で、2億5000万ドル以上(約298億円)の損失を出していることになる。
カルスターズ ヘッジファンド

カルスターズ ヘッジファンド
 NASRA(全米州退職金管理者協会)によると、多くの公的年金基金の目標リターンは平均で7.8%で、7%~8%を目標に掲げるところがほとんどだ。カルスターズも目標は7.50%としているが、急落の不安がある中で、やはりリスクヘッジへと動かされたようだ。幸いにもポートフォリオ中で2014~15年は、株式以外で、不動産が13.4%、PEが9.1%と高く、ベンチマークも大きく上回っており好調。カルスターズの理事会はどのような投資判断をするのか、世界中の多くの機関投資家が見ている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする