トップ >  ニュース >  マカフィー米大統領選に立候補 だが富裕層は撃沈の過去

マカフィー米大統領選に立候補 だが富裕層は撃沈の過去

 アンチウイルスソフトのマカフィーの開発者ジョン・マカフィー氏が、米大統領選挙に立候補の意思があることを表明した。9日に正式な届け出をして明らかにした。他にも、共和党候補を目指す大富豪のドナルド・トランプ氏が有力視されていたり、名家ブッシュ家からジェブ氏も立候補するなど富裕層が乱立している。最初に言っておくと、大金持ちは政治で弱い。米国の有権者の意識調査では、候補者の資産は能力を測る指標ではあっても、投票する動機にはつながらないということがわかっている。富裕層たちは今回も撃沈しそうだが…。


ジョン・マカフィー
報道陣に直撃されるジョン・マカフィー氏(2012年事件後)
 マカフィー氏は、アンチウイルスソフトのマカフィーの開発者として成功したが、2008年ノリーマンショックによって総資産は1億ドルから400万ドルに減少している。ほとんど裸同然の身になったようで。様々なことにショックを受けたようで「精神世界」に入ったとされていた。そして、2012年には、居住地のベリーズで殺人事件を犯したとして身柄を拘束されている。そこから、今度はいきなり合衆国大統領を目指すようだ。

 1992年には大富豪のロス・ペロー氏が立候補した支持率はトップになり二大政党制も終焉かとも思わせたが、突如取り消したり再度立候補するなど右往左往し結果的には破れている。また、96年にも再度立候補したがリベンジに失敗している。

 他にも、ミット・ロムニー氏、スティーブ・フォーブス氏らもいるが結果はふるわない。

 ちなみに今回立候補を表明している 民主党の有力候補のヒラリー・クリントン氏は、過去の公文書などから1600万ドル以上の資産があると見られる。ただ、ファミーの財産であるクリントン・ファウンデーションには3億ドル以上の保有資産がある。

 また、おもしろいのが、共和党の有力候補であるジェブ・ブッシュ氏で、過去33年間の自身の納税証明書を公開した上で、過去のどの大統領候補者よりも税金を支払ってきたと主張している。平均実効税率は33%だという。ちなみに過去には0%の候補者がい複数いたことを挙げておりおもしろい。ちなみに、過去にはウォール街で働いていたこともあるのだが、2013年の年収は727万ドルとなっている。

 トランプ氏、ヒラリー氏ともにキャピタルゲイン課税の税率アップを主張しているのと同じように、攻撃される前に先手を打っていると見られる。

 富裕層が選挙で戦うしんどさが米調査会社スペクトラムグループが2012年に実施した調査結果に現れている。候補者の個人資産を有権者の41%が気にしているという。さらに、15%はその富の大きさや内容は候補者の能力を示す物差しであるとは考えているものの、23%は選挙とは関係ないものであると考えているという。大差はないが、資産額の大きさによって票が入るものではないということだ。

税率
過去の大統領候補者の平均実効税率

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする