トップ >  ニュース >  20億円「魔性のフェラーリ」、訴訟費用すでに15億円に

20億円「魔性のフェラーリ」、訴訟費用すでに15億円に

 1100万ポンド(約20億円)の値がついた伝説の名車「フェラーリ375-Plus」(1954年製)を巡り、オークションハウスとオーナーが法廷で争っている件で、原告オーナーの訴訟費用が800万ポンド(約15億円)に上ったことが書面から判明した、と英デイリーメール電子版が伝えている。幾多のオーナーを魅了し、その一方でオーナーに災いをもたらす「呪われた」名車として知られた同車は、またしてもオーナーに災いをもたらした格好だ。

 「フェラーリ375-Plus」(1954年製)については、ゆかしメディアでも過去には、落札時と提訴時に伝えているが、1954年に生産された6台のうちの1台でル・マン24時間レースにも出場した名車である。

 ◆参考:栄光と盗難の60年刻む「フェラーリ375-Plus」18億円で落札
◆参考:ランジェリー大富豪「魔性のフェラーリ」めぐり訴訟

 ただ、ここにいたるまでの歴史の詳細は上記リンクに譲るとして、すさまじいもので、不幸の連鎖ともいうべき存在でもある。長年の放置、盗難、無断転売、警察の捜査、相続争いなどで欧州と米国の間を行ったり来たりしており、ようやく昨年のボンハムオークションに登場し、「ヴィクトリアズ・シークレット」などで知られるリミテッドグループ創業者レス・ウェクスナー氏(78)が1100万ポンドの高額で落札している。

◆1955年 米国人レーサーのジム・キンバリーの手に渡る。
◆1957年 米国人コレクター、カール・クレーフェの手に渡る。

 クレーフェルは改造マニアでもあり、マシンをバラして長年にわたって放置してしまったのだ。のちに2人の男が廃棄しているものだと勘違いして持ち去ってしまう。そして、欧州のコレクターに転売してしまったのだった。

◆1988年 盗難を知ったクレーフェルがFBIなど捜査当局に届け出る。
◆1989年 氏名不詳のフランス人コレクターが5万ドルで購入している。
◆1990年 ベルギー人ドライバー、ジャック・スワーテルに所有権が移転した。


1954Ferrari375-Plus
1954 Ferrari 375-Plus(ボンハムより)
 結局、盗難した2人は逮捕されたが刑事訴訟では、捨てていたものという認識が認められて無罪になる。そして、スワーテルが、設計図を基にしてイタリアで専門家たちとリストアを施して復元に成功したのだった。しかし、ここで終わりではなく、スワーテル、クレーフェルの遺族が相続資産であるとして所有権を争うことになってしまう。

 結局は「盗難」被害者オーナーと、「盗難車」を買い取ったオーナーが同時に存在し、2人が死亡して、その遺族による争いで権利関係が実は解決されていないということのようだ。

 そこでウェクスナー氏が昨年、ボンハムを相手取って落札代金の返還などを求める訴訟を起こしていた。現在、英国の裁判所で審理が行われるところである。しかも、訴訟費用はすでに15億円だといい、最終的に車の落札額を超えてしまわないのだろうか。呪われた名車は、輝きを増すとともにオーナーを不幸にしていく。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする