トップ >  ニュース >  日本人富裕層のタックスヘイブンを超える天国「ミクロネシア」

日本人富裕層のタックスヘイブンを超える天国「ミクロネシア」

 海外法人設立の穴場としてミクロネシア連邦が知る人ぞ知る穴場として注目されている。タックスヘイブンではないために、トリガー税率に引っ掛からない「緩い節税」ができる上に、日本国内でも手続きが可能で、加えて日本円での納税ができるというまさに「日本人富裕層ウエルカム」を具現化したかのような税制が敷かれている。

 週刊ダイヤモンド10月24日号に、再保険会社を同地で設立した男性の例が紹介されている。


ミクロネシア
 税理士の間でも知らない人も多いらしく、2011年の東日本大震災以降、知っている税理士や富裕層の間で口コミで広がっていったという。

 一般的に節税目的の海外子会社と言えば、タックスヘイブン国。近年ではとりわけ日本に近い、香港やシンガポール、さらにはマン島などがあった。かつてはリヒテンシュタインやフクセンブルク、スイスなども人気があった。ただ、これらの国はほとんどが租税協定が締結されており、税務情報を国同士で定期的に交換し合うという、まさに情報の筒抜けが行われるような整備がなされた。

 また、5000万円以上の海外資産を自己申告する「国外財産調書」、有価証券を対象に未実現の含み益に課税する「出国税」、年収2000万円以上、保有資産3億円以上などの富裕層に財産の申告を求める「財産債務調書」と次々に対策を打たれており、なかなか有効な手だてがなくなってきているのも事実だ。

 ミクロネシア連邦はパプアニューギニアの北に位置し、かつては日本が統治したこともある。人口は約12万人程度の島嶼国で、現在は日系人も多く親日だということもあるのか、日本の富裕層にとってはかなり有利な取り計らいが行われていると言えなくもない。

 日本のタックスヘイブン税制は法人税20%以下と定義付けをしている。ただ、ミクロネシアは21%と絶妙なラインに設定している。これは、トリガー税率と言い、一定の水準以下の外国子会社の所得を日本の親会社の所得とみなされるが、それが適用されないということになる。日本政府はトリガー税率の引き下げを今後も行っていくと見られるが、実は、ミクロネシアはそれに応じていく方針も示しているのだ。さらに言うならば、やはり最大のメリットは次の2点だろう。

 1 日本国内で手続き可能(日本語でも可)
 2 日本円で納税が可能

 海外での設立手続き、さらには毎年の決算手続き、納税と面倒な作業が発生するものの、英語圏とは違い、ハードルはかなり低いようだ。実際に知る人ぞ知る存在であり、現地の報道によると、日本の東証1部に上場する大企業の子会社の名前も出てくるほどだ。今後はタックスヘイブン以上の天国になるか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする