トップ >  ニュース >  富裕層海外資産3.1兆円に、貸付金など増える(国外財産調書)

富裕層海外資産3.1兆円に、貸付金など増える(国外財産調書)

 国税庁は今年から始まった国外財産調書の提出状況についてのまとめを発表し、富裕層らの5000万円以上の海外資産の届け出の件数が全国で8184件、総額で約3.1兆円に上ったことが判明した。納税者にとっては制度施行されてから二度目の提出機会となるが、件数、金額ともに大幅に増加した。その構成では有価証券が1兆6845億円となり全体の54.1%を占めていた。割合が大きく上昇したのが貸付金、その他だった。


国外財産調書 国税庁
国税庁
 国外財産調書は前年の12月31日時点で、5000万円以上の海外資産の保有者を対象に提出義務が課せられている。提出期限は3月月内。

 財産の分類は次のとおりとなる。
・有価証券 1兆6845億円 (1兆5603億円)54.1%
・預貯金  5401億円   (3770億円) 17.3%
・建物   2841億円   (1852億円)  9.1%
・土地   1068億円   (821億円)   3.4%
・貸付金  1164億円   (699億円)   3.7%
・その他  3831億円   (2396億円) 9.5%

 合計  3兆1150億円  (2兆5142億円)100.0%
※各種別で四捨五入のため、合計が一致しない場合あり
※()内は前年

 どの資産も大幅に増えているが、割合として最も増えているのが、貸付金で前年比66%増となった。その他はアートなどの動産や諸々入るが、こちらは時価がわかりにくいのではと当初は困惑する声も出ていたが、所有を思い出したものや、とりあえず申告しておいた方が安心とのことで申告したものが増えているのか。

 貸付金については、以前から見られる海外に設立した子会社に対して行う貸付。利息収入として受け取るか、配当収入として受け取るかケースバイケースだが、どちらかの方法を取っている。一般的には海外子会社が立地する国の税率で日本国内の親会社の受取の手取り額は決まる。

 実質的には海外金融機関への預金と同じようなものだが、統計から推測できるのは、単純に海外子会社の数が増えているということか。

 また、管内別の件数と財産総額は次のとおり。

◆管内別の件数
・東京局  5382(3755件) 65.8%
・大阪局  1054(638件)  12.9%
・名古屋局  632 (457件) 7.7%
・その他  1116(689件)  13.6%

◆管内別の財産額
・東京局  2兆3501億円(2兆989億円)75.4%
・大阪局    3637億円(1793億円) 11.7%
・名古屋局   1648億円(931億円)  5.3%
・その他    2364億円(1429億円) 7.6%
※()内は前年

 東京が占める割合が件数、総額ともに前年よりも減少しており、その他の割合が大きく上昇している。

 また、富裕層にとってはもっと厄介な「財産債務調書」が平成27年分(28年3月申告)の申告期限が近付く。従来の「財産債務明細書」に代わるもので、年収の合計額が2000万円以上に加えて、12月31日時点に評価額が3億円以上の資産を保有するか、もしくは総額1億円以上の国外資産を保有するかで申告が必要となる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする