トップ >  ニュース >  「史上最大のナンピン買い」3000億円の含み損から、200万株買い増し

「史上最大のナンピン買い」3000億円の含み損から、200万株買い増し

 米国の著名なアクティビスト戦略のヘッジファンド運用会社パーシング・スクエア・キャピタルが、米製薬大手バリアント・ファーマシューティカルズの株価が大暴落した後に、約200万株の買い増しを行ったことが明らかになった。創業者ビル・アックマン氏がこのたび米CNBCにコメントした。パーシングはバリアント株約2000万株を保有するが、「製薬業界のエンロン」という内容のレポートが発表され株価が大暴落し、パーシングは3000億円以上の含み損を一時的に出した。そこから200万株の買い増しという「史上最大のナンピン買い」を行ったが、吉と出るか凶と出るか。

 「バリアントは医薬業界のエンロン」。


ビル・アックマン
ビル・アックマン氏
 21日にこんな衝撃的なテーマのレポートが市場に向けて発射された。ある中小アクティビストが作成したレポート「シトロン・リサーチ」だが、この一発で、別の著名アクティビストに3000億円以上の含み損を負わせるという出来事が起きた。

 バリアントの株価は現地8月6日の場中に、263.81ドルの最高値を付けた。しかし、レポート発表日の10月21日に148.01ドルで始まった取引が、88.50ドルの最安値を付ける場面もあった。

 パーシングによるバリアントの保有割合はSEC(米証券取引委員会)に提出している第2四半期のファイル(13F)によると、保有株数約1947万株、取得時価平均43億2613万ドル、となっている。これにあてはめると、最高値時は時価約51億ドル、最安値時は約17億ドルとなる。最大で34億ドル(約4100億円)の下落で、10月21日だけで見ると、11億ドルの下落となった。平均取得時価の43億ドルから見れば26億ドル(約3130億円)の含み損を抱えてしまったことになる。

 そんな渦中にアックマン氏は22日にCNBCにコメントし、「バリアントを信じている」などとして、ナンピン買いを行ったことを明らかにした。株数は約200万株だという。3000億円以上の含み損の際に、果敢なナンピン買いは後世で語り継がれるトレードとなるかどうか。

 アクティビスト戦略のリスク要因の一つとして、相反する考え方を持ったアクティビスト同士が対峙した場合には、どちらかに株価が大きく動く傾向がある。過去には健康食品販売のハーバライフを巡っては、空売りキャンペーンの論陣を張ったアックマン氏と、会社の意も受けて買い方に回ったアイカーン氏が、過去の因縁を再燃させ、TVの放送で放送禁止用語を連発するほどの論戦を行ったことも記憶に新しい。最初は株価が大きく下落したが、アイカーン氏の登場で上昇に転じて、さらに、こっそり買い方に回っていたサード・ポイントのダニエル・ローブ氏が漁夫の利をかっさらっていった。

 今回の一件もまた、教訓めいている。
◆シトロン・リサーチ◆

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする