トップ >  ニュース >  やはり大手の「億ション買っとけ」! マンションデータ改ざんの教訓

やはり大手の「億ション買っとけ」! マンションデータ改ざんの教訓

 2020年開催の東京五輪後の価格下落、中国人富裕層たちの占有率上昇などが、最近のマスコミが取り上げるマンションの話題の主流だった。ところが「パークシティLaLa横浜」のデータ改ざん発覚によって、話題はこれ一色に染まっている。マンション購入にはリスクも付きものだが、今回は売主が業界大手の三井不動産レジデンシャル。業界関係者は「何かあったときに大手かどうかで補償は違ってきます」というのがせめてもの救いだが、買えるならば大手の億ションなど高額物件を買うのがやはり安全だ。


三井不動産レジデンシャル
 売主、施行会社。その社名を第一要素としてマンション選びをする人はまずいないだろうが、やはり立地を中心に、家族の事情、ライフスタイルなどを考慮して、最後のとどめに売主を確認して物件を購入する。売主や施行会社が大手であれば、一般的には安心だろうとなるからだ。

 今回は売主の三井不動産Rから三井住友建設に施工が投げられ、そこから日立ハイテクノロジーズ、さらに旭化成建材へと多重下請け構造となっている。

 三井不動産レジデンシャル ⇒ 三井住友建設 ⇒ 日立ハイテクノロジーズ ⇒ 旭化成建材

 最大の問題だとされている工程は、旭化成建材の担当者がデータ改ざんをはじめとして、全体で473本ある杭のうち70本で不正を人為的に行っていたというところにある。担当者の気持ちは推し量るしかないが、「マンションは薄利多売の商売ですから、ちょっとしたことで予定が狂ってもすぐに工期延長、経費増につながると、儲けはパーなんです。それを言い出せない空気、さらには施行主の監督も必ずしもすべてに目を光らせているわけではありません。この世界は、危ない人はどの現場に行ってもそうだし、ちゃんとした人はどの現場にに行ってもちゃんとしているし、今回の人は前者でしたね」とは、西日本の建設関係者。

 そのため特に、繁忙期で工期延長は絶対に回避したいバブル期物件や、3月入居物件は避けろという格言もないわけではないほどだ。

◆参考:パークハウスグラン南青山高樹町で発動した「バブル物件、3月入居物件は買うな」のセオリー

 仮に工事に不正があったとしても、確かめる術も存在しない。売り切った後は我関せずな体質なデベロッパーだが、こうしたケースは最後は売主や施行主頼みとなる。もしも、ここが体力のない会社であれば、すでに倒産していてなどとなれば目も当てられないからだ。どの程度の補償になるのかはわからないが、施行会社や下請け業者が資金を出すということになるだろう。

 ちなみに、一昨年、三菱地所の「パークハウス グラン 南青山高樹町」(東京・南青山7丁目)が契約者への引き渡し直前になって、配管用のスリーブ入れ忘れの事実を公表。後戻りができないほど工事が進行しており、中止せざるを得なくなってしまった。下請け業者の誰かがインターネット掲示板にタレ込んだことで発覚し、デベロッパーは事実を公表せざるを得なくなった。もちろん、この物件も隠していれば、現在も発覚していなかったのかもしれない。こちらは、手付金の倍返し。ケースによっては引越し、家賃など諸費用も持ったという。

 買うならば、やはり、大手の億ションなどの高額物件ということになろうか。
 
 ただし、この一件に関して言うならば、全棟建て替えは現実的な選択肢ではないという。前出の建設関係者は「現実的な問題として建て替えには相応の時間がかかります。しかも、全棟建て替えともなれば、
何年先になることか? 補償金をもらうなどして、新しい家を探す方がよほど現実的です」という。マンション建て替えは住民の5分の4の賛成が必要。一筋縄ではいかない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする