トップ >  ニュース >  33億円でもまだ安い? 伝説のファンジオのフェラーリが競売に

33億円でもまだ安い? 伝説のファンジオのフェラーリが競売に

 神格化されているF1ドライバーのファン・マヌエル・ファンジオ氏がレースで乗るために製造された「フェラーリ290MM」が12月10日の米NYで開催予定のオークションに出品されることが主催者サザビーズから発表された。出せば高騰する傾向が続くフェラーリのクラシックカーだが、今夏の落札予定価格は2800万ドル(約33億8000万円)だとしている。


フェラーリ290MM
フェラーリ290MM(サザビーズより)
 「聖杯に等しい」。フェラーリ290MMについて、サザビーズの案内の表現にはこう記されているほどで、高額落札はほぼ確実視される。

 サザビーズのヴィンテージカー担当のピーター・ウォールマン氏は「歴史上で最も偉大なドライバーのためにつくられ、エンツォ・フェラーリも直接的に関与した車。その起源と独創性のある車が、オークションに出てくることは本当に望ましいかぎり」だと評している。

 ミハエル・シューマッハ氏が現れるまで誰もその記録の影を踏ませることはなかったファンジオ氏。290MMは1956年に行われたイタリアの自動車耐久レースのミッレミリアに出場した際のマシンだ。ファンジオ氏がレースで乗ったのはこの1回きりだったが、その後も名ドライバーたちが乗ったことでマシンはさらに箔付けされていった。レースから離れた後は、エンツォ氏の友人ルイージ・サネッティ氏、フランス人著名コレクターのピエール・バルディノン氏の手に渡り、現在は匿名のコレクターがオーナーとなっているという。

 近年の5、60年代のフェラーリのヴィンテージカー人気が再燃しており、次々と高額落札が相次いでいる。最高額となったフェラーリ250GTO(1962年)をはじめ、主な高額落札車は次のとおり。
 
・フェラーリ250GTO(1962年) 3811万5000ドル

・フェラーリ275GTB/Cスペチアーレ(1964年) 2640万ドル

・フェラーリ375MM(1954年) 1840万ドル

・フェラーリ250GTカリフォルニアSWBスパイダー(1961年) 1683万ドル

・フェラーリ250テスタロッサ(1957年) 1639万ドル

・フェラーリ250LM(1964年)1430万ドル 

 高額なことは間違いないが、ヴィンテージカー専門の保険会社ハガーティが算出した、ヴィンテージカーの市場の過熱度を測る指標「Hagerty Market Rating」によると、今年10月は70.61だという。

 今年5月には統計をスタートしてから史上最高の72.05になったが、現在はやや落ち着き気味になっている様子。夏場を境に景気の行方に悲観的な見方も出たことが影響しているか。いずれにせよ、予想を上回る可能性も十分にありえる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする