トップ >  ニュース >  9月ヘッジファンド指数 ショートバイアスが月次4.8%で8月に続き圧倒

9月ヘッジファンド指数 ショートバイアスが月次4.8%で8月に続き圧倒

 クレディスイスが発表した9月の月次ヘッジファンドの成績によると、ショートバイアス戦略が4.79%と、7月、8月に引き続いて高い月次リターンを記録した。自動車販売台数世界首位のフォルクスワーゲンの排ガス不正があったことで株式市場も大きな影響を受けた。S&P500は、9月は2.64ポイントのマイナス、8月の6.26ポイントに続き2カ月連続の下落となる中で、ショートバイアス戦略に向いた展開となった。

 9月のインデックスは次の通りとなる。

◆戦略別インデックス(9月リターン、2015年年初来リターン)
アービトラージ         -0.25%  1.40%
ショートバイアス         4.79%  6.97%
エマージングマーケット     -0.80% -2.93%
エクイティマーケットニュートラル 0.62%  1.73%
イベントドリブン        -3.44% -4.07%
 ディストレス         -1.37% -3.60%
 マルチストラテジー      -4.22% -4.23%
 リスクアービトラージ     -1.31% -0.39%
フィクスドインカムアービトラージ-0.45%  0.56%
グローバルマクロ        -1.57% -0.43%
株式ロング&ショート      -1.12%  1.94%
マネージドフューチャーズ     2.87%  0.12%
マルチストラテジー       -0.43%  3.32%


ブラックスワン
 ショートバイアスは9月の月次が4.79%のプラスとなり、年初来のリターンも6.97%と他の戦略よりも目立って好成績となっている。9月が好調だった、その背景の一つとして考えられるのは、独自動車大手フォルクスワーゲン(以下VW)による排ガス不正が発覚したこともあるだろう。そのため、VW株は約40%ほどの下落を見ている。同社は販売台数で業界世界首位企業のため、同業他社だけでなく、周辺のサプライヤーたち、さらには他業種も大打撃を受け、様々なところに影響は波及したほどだった。

 また、オプションの指数の一つである「CBOE Skew Index」(シカゴオプション取引所スキュー指数)は、9月に入ってから30%以上も上昇し、一時は148.92ポイントと過去最高を記録した。

 これは、ポイントが高くなるほど、ブラックスワンとも言われる「テールリスク」(大幅下落リスク)を市場参加者たちが強烈に意識しているということになる。これまでの過去最高は1999年9月の146.88ポイントであり、歴史的な高い水準にある。一般的にショートバイアス戦略の得意とする市場環境はこのまま続きそうでもある。

 市場は8、9月と波乱が続いたが、今後は12月にFOMC(米連邦公開市場委員会)で利上げが行われるかどうかに注目が集まっている。

◆ショートバイアス 2015年の各月次
1月 1.88%
2月 -5.74%
3月 -0.31%
4月 -3.86%
5月 -0.83%
6月 -0.18%
7月 3.88%
8月 7.85%
9月 4.79%

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする