トップ >  メイク・マネー >  ノーベル財団の資産運用年利15.8%、株からヘッジファンドへシフト

ノーベル財団の資産運用年利15.8%、株からヘッジファンドへシフト

 スウェーデン王立科学アカデミーが発表した2015年のノーベル医学・生理学賞で、寄生虫やマラリアなどに関する研究で知られる大村智・北里大特別栄誉教授(80)が日本人として受賞した。副賞800万スウェーデンクローナの賞金の出所であるノーベル財団の資産運用だが、2013年の15.3%に引き続き、2014年もそれを上回る15.8%と好調である。その一方で、ヘッジファンド比率を大幅に増加させている。

 ノーベル財団は、インフレを考慮に入れた最低限でも年利3.5%以上を運用ノルマとしている。運用総額は38億6900万スウェーデンクローナ(以下SK、約560億円)に上り、株式、オルタナティブなどのアセットアロケーションで運用を行っている。近年の運用パフォーマンスは次のようになっている。

2007年 4.7%
2008年 -19.0%
2009年 14.4%
2010年 5.5%
2011年 -2.6%
2012年 7.8%
2013年 15.3%
2014年 15.8%

 2008年のリーマンショックは2ケタのマイナス運用になったものの、そのほかの年は安定的な運用が行われている。08年の運用損はノーベル財団にとっても大きな契機となったのか、2011年まで1000万SK出してきた賞金を2012年からは800万SKに減額している。その運用にあたっては、アセットアロケーションは次のようになっている。

株式 55%(56)
フィクスドインカム 12%(15)
オルタナティブ 33%(29)
()内は前年


大村智 ノーベル財団
大村智氏(ノーベル財団HPより)
 株式は45%が海外株式で、国内は10%。2014年の株式市場は相対的に好調だったために運用への貢献度は高いが、海外株式の比率は徐々に減らしつつあり、利益を確定しているようだ。また、フィクスドインカムは全体的に減らしており、特にスウェーデン国内のものを大幅に減らしている。一方でオルタナティブの割合を増やしており、ヘッジファンドの比率が23%で、2010年の13%からは段階的に増加し10ポイントも増加している。転換社債も3%になった。

 全米2位の規模を誇る公的年金基金カルスターズ(カリフォルニア州教職員退職年金基金、CALSTRS)が、運用資産総額の約12%にあたる約200億ドルをヘッジファンドや米国債などに振り分けることを検討していることが明らかになっている。

 一方で全米1位のカルパース(米カリフォルニア州職員退職基金)が約4000億円のヘッジファンド投資の引き揚を決めるなど、ヘッジファンドの組み入れの是非が別れている。

 ただ、株式市場で下落局面も視野に入れ始めて、どう動くかであるが、ノーベル財団はヘッジファンドの割合を増やしているようだ。2014年末時点の主なヘッジファンド運用は次のようになる。

DEショー         87万8000(108万)
チューダーBVIグローバル 3万7100(4万7500)
ブレバンハワード      5419万2000(702万7000)
バイキンググローバル    5579万2000(1億992万5000)
2シグマ          8514万9000(1億1919万6000)
ミレニアム         1億2977万2000(1億9466万2000)
()内が時価、単位SK

 ノーベル財団によると、最近クオンツ戦略で台頭している米NYの運用会社2シグマの運用が良かったことを述べており、簿価よりも4割の増加となっている。また、2シグマへ追加投資も行ったことも明らかにしている。

 また、2014年の財団のすべての支出は、ノーベル賞の副賞などを含めて9860万SKで、緊縮財政が続いている。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする