トップ >  ニュース >  億ション成約率も下落 不動産バブル終焉か

億ション成約率も下落 不動産バブル終焉か

 不動産経済研究所が発表した10月の月次マンション市場動向によると、首都圏マンションの成約率は68.8%となり、業界が好調の一つの目安とする70%割れが2カ月続いたことがわかった。また、価格1億円以上の億ションについても、成約率が72.8%と前月比8.5ポイント減となり、国内外の富裕層による需要が一巡した感も出てきた。そろそろブームの終焉が見えてきたようだ。

 首都圏で分譲された1億円以上の新築マンションの成約は、7月からは20ポイント以上も下落。7割のラインが見えてきた。
 
◎月毎の供給戸数と成約戸数
◆10月
1億円~ 91分の66
2億円~ 1分の1
成約率72.8%

◆9月
1億円~ 63分の50
2億円~ 9分の9
3億円~ 3分の2
成約率81.3%

◆8月
1億円~ 134分の124
2億円~ 10分の10
成約率93.0%

◆7月
1億円~ 403分の384
2億円~ 38分の38
3億円~ 7分の6
成約率95.5%


タワーマンション
 中国や台湾などの外国人によるいわゆる「爆買い」、さらには最初はタワーマンション節税のつもりで購入したが、いつの間にか「億ションマニア」となってしまい爆買いに走る日本人富裕層らの需要が一巡した感もある。もちろん、ふさわしい等級の土地には限りもある。今後分譲される億ションとしては、「ザコノエ三田綱町」「パークコート赤坂檜町ザタワー」などの注目物件はある。特に前者については、「坪単価1000万円超えがありうる物件」(業界関係者)とも言われており、注目度はかなり高い。ただ、都心部ではネタ切れの感もあるのが現状だ。

 ほかに東京都心部以外では、三菱地所レジデンスが京都市上京区の鴨川沿いに建設中の「ザ・パークハウス 京都鴨川御所東」では、最上階が7億円以上になる予定で、こうした目玉物件もあるが、全体には土地取得費用や建設コストが約3割上昇しているとも言われ、チキンレース状態でもある。

 また、今後の市場動向に影響するであろう要素としては、杭打ちデータ偽装、タワーマンション節税の取り締まりがある。三井不動産レジデンシャルが販売した、横浜市のマンション「パークシティ LaLa横浜」の杭打ちデータ偽装で業界への不信感で出ている。この問題については、中国人富裕層の間でも知られるようになっているといい、中国人に一番人気がある六本木以外にも現在では、千代田区の番町エリア、さらには渋谷区の低層マンションなども検討の対象に入ってきているという。

 相続対策などを考えていた特に高齢の資産家や富裕層にとっては、タワーマンション節税は有効な策の一つだった。しかし、国税庁の方針変更は心理的なプレッシャーを与えることは間違いなく、購入意欲を鈍らせることもありそうだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする