トップ >  ニュース >  資産1人100億円の投資クラブ「TIGER21」 不動産減らしヘッジファンド増や

資産1人100億円の投資クラブ「TIGER21」 不動産減らしヘッジファンド増やす

 総額300億ドル(約3兆7000億円)以上の資産を持つ超富裕層の投資クラブ「TIGER21」はこのたび、2015年第3四半期時点の会員のアセットアロケーションを発表した。全体としては、ここ数年で最高となっていた不動産投資の割合を減らし、株式を増やしつつも、ヘッジファンドなどにも振り分けてリスクヘッジを図っていることがわかった。クラブの会員1人あたりの運用資産額は100億円程度。

 TIGER21は1999年に米国で創立された、運用可能資産1000万ドル以上を対象とする超富裕層の会員制投資クラブ。現在の会員数は約300人で、運用資産総額は300億ドル以上となっている。そのため、1人あたりに換算すれば、資金は100億円ほどとなる。投資動向は米メディアの注目度も高いこともあり、同クラブで著名投資家が講演を行ったり、毎年第3四半期の会員のアセットアロケーションを公表するなどしている。2015年第3四半期のアセットアロケーションは次のとおり。

不動産  28%(25%)
PE   20%(22%)
上場株式 24%(22%)
ヘッジファンド   7%(6%)
フィクスドインカム 11%(12%)
キャッシュ     9%(11%)
コモディティ    0%(1%)
()内は前年の発表


TIGER21
 今回の発表で目立つ点は不動産。昨年2014年の第3四半期では25%だったが、今年8月に発表した第1四半期までのアロケーションでは30%と短期間で急上昇していた。この理由について「既存会員や2014年から加入した新会員にも不動産で利益を出した人が多く、ここ数年では比率が過去最高となっており、比率が30%にまでに膨らんだ」と、TIGER21の議長マイケル・ソネンフェルト氏が明らかにしている。

 その14年第3四半期から15年第3四半期までの短期間に、2ポイントも動いているということになるが、利益を取るために売却できたのか、あるいは売却はしていないものの、他の資産を増やしたのかどちらかが考えられる。特に夏場の8月にS&P500指数がマイナス6.03%になるなど相場の急落を経験しており、買い場を得たとばかりに買い増しを行ったか、あるいは、ショートバイアス戦略などのヘッジファンドにリスクヘッジをかけた可能性が考えられる。

 いずれにせよ、夏場の株式市場の急落が何らかの影響は与えているようだが、会員は現在の株価水準をどのように考えているのか。8月の発表の際には、52%が株価は妥当だと考えており、一方で45%がオーバーバリューだと考えており、かなり拮抗してきているが、まだ少し強気派が多数派を占めている。ヘッジファンドの2年ぶり増加は、株式市場が2014年のような強気一辺倒ではなくなったという考えが反映されているようだ。

 一方で、原油をはじめとするコモディティ相場は不振だが、ついに0%に。また、投資機会をうかがっているのかキャッシュポジションが2ポイント減少した。株式の買い増しや、ヘッジファンドへ振り向けられているということか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする