トップ >  ニュース >  ジミー・チュウ創業者タマラ・メロンのブランドが倒産 古巣との戦いが原因か?

ジミー・チュウ創業者タマラ・メロンのブランドが倒産 古巣との戦いが原因か?

 女性向け高級シューズブランド「ジミー・チュー」の共同創業者タマラ・メロン氏が設立したブランド「タマラ・メロン」が2日、米デラウェア州連邦裁判所に、連邦破産法11条に基づいて会社更生手続きを申請した。ファッション誌ヴォーグ編集者からジミー・チュウを見出して起業、そして株式を売却。人生は山あり谷ありで、なかなか連勝は難しいようだ。


タマラ・メロン
タマラ・メロン氏
 ジミー・チュウは故ダイアナ妃、ビヨンセさんら世界中のセレブが愛用する高級シューズで影響力は絶大。ファッション誌ヴォーグが、タマラ氏に動きがあれば一挙手一投足を伝えるほどのカリスマ的な存在となっている。当然、今回のニュースも電子版にいち早く取り上げられているほどだ。
 
 米連邦破産法11条の規定は、経営陣が経営を続けながら、負債などの削減などに取り組める自主的再建型の倒産手続きを定めた法律。日本で言うところの民事再生法にあたる。

 女性向け高級シューズブランド「タマラ・メロン」は20113年に米NYを拠点として立ちあがり、高級百貨店ニーマン・マーカスなどにも出店していたが、売上は伸びなかったようだ。ヴォーグによれば、債権者は100~199人、債務は100万~1000万ドルだという。債務は最大で12億円程度だが、創業から2年程度でのギブアップした。

 倒産にいたるまでにどの程度の影響があったのかどうかはわからないが、今年に入ってから、タマラ氏が、古巣のジミー・チュウが流通に裏から手をまわすなどの不正な手を使っており、欧州連合の独禁法に抵触する行為だと主張していた点は気にかかる。

 タマラ氏はこの騒動の後に、英デイリーメールの取材に「ジミーはデザイナーというより、靴の修理屋ね」と、元相棒を酷評するに至っている。

 もともとはヴォーグの編集者時代のタマラ氏が、マレーシア人デザイナーのジミー・チュウ氏と出会い、1996年に同社を設立。チーフクリエイティブオフィサーという同ブランドのデザイン部門を仕切ってきた。しかし、まだまだタマラ・メロンと言えば、いまだにジミー・チュウの印象が強すぎる、ということか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする