トップ >  ニュース >  井川遥義父の4億円豪邸が競売入札取り下げ

井川遥義父の4億円豪邸が競売入札取り下げ

 女優井川遥さん(39)の義理の父にあたる旧パイオニア創業家出身の元会長が事務所兼自宅として使用する、豪華マンションが競売にかけられていた件で、このたび取り下げられたことが明らかになった。ホテルニューオータニに隣接する都内の一等地に位置する物件で、価格は6億円以上になるとも注目されていた。しかし、この物件の抵当権を持つIT企業は「こちらではわからないのでお答えできません」とした。

 井川遥さんの夫は、「ato」というブランドを展開する著名ファッションデザイナーの松本与(あとう)さん。父方はパイオニア創業家で、母方は公家・岩倉具視や、松平家にもつながる家系。絵にかいたようなセレブ婚だと言われてきた。井川さんの義父は、2006年に業績不振のために辞任するまでパイオニアの会長職を務めた。今回は、その冠也さんの自宅が舞台となる。

 ニューオータニに隣接する立地ながら、ワンフロアの広さ約400平方メートルという物件はまさに名家が居を構えるにふさわしいと言える。だが、日本においては、そんな名家も何代にもわたり長年ずっと趨勢をキープすることはなかなか難しいようだ。義父はこの物件を自宅兼事務所としてきたが、実際には約2億円の抵当権が設定されて、11月半ばから競売入札が開始されていた。

 入札最低評価額は4億円と設定されており、6、7億円程度の値がつくのではないかとも見られていた。

 競売入札決定を伝えた週刊新潮の報道によると、パイオニアと古くから取引がある企業の初代社長が冠也氏と昵懇の仲だったという。そうした縁から、リタイア生活を送ることができていたものの、初代社長が亡くなってから関係が変化して、貸金返済の要求がなされるようになり、返済できない分について抵当権が設定されたという。どうやら自社株の売却でしのいできたが資金が底をついた模様だ。

 しかし、今回の取り下げは不可解でもある。

 一般論として、競売手続きで取り下げが許されるケースは、買い受け申し出前までは取り下げは自由となる。あるいは、買い受け申し出後に開札し、売却許可確定までは最高価額申し出人の同意を得れば取り下げは可能となる。タイミングを考えれば、最初の段階で取り下げられた可能性が高いと見られる。入札決定の報道が出て、当事者の間で何らかの新たな動きが出たのかもしれない。債権者でもある企業が、回答しない以上は何とも言い難い。

 ちなみに、競売手続きがすべて完了した後(代金を納入した状態)には取り下げはできない。

 名家の当主も当面の危機は免れたようだが、引退後の借金返済は楽ではないことを示している。もちろん、井川遥さん自体は2006年の結婚後も仕事はすこぶるくらい順調なようだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする