トップ >  ニュース >  「フェラーリ290MM」34億円で落札

「フェラーリ290MM」34億円で落札

 F1王者ファン・マヌエル・ファンジオ氏がレースで乗るために製造された「フェラーリ290MM」が、米NYで10日行われたサザビーズRMオークションで、2805万ドル(約34億円)で落札された。事前の予想落札額2800万~3200万ドルに届いたが、予想レンジギリギリの落札となった。最近10年間、高騰し続けてきたフェラーリなどのヴィンテージカー市場だが、今年最後の大物でもあったフェラーリ290MMという象徴的存在の価格は今後のヴィンテージカー市場に影響を与えるのか。


フェラーリ290MM
フェラーリ290MM
 「聖杯」。そう称されたフェラーリ290MMは、F1王者ファン・マヌエル・ファンジオ氏がレースで乗るために製造されたもの。創業者のエンツォ・フェラーリ氏自らも開発に加わった車だけに、オークションへの出展は大きな期待を集め、前評判の高さから予想落札価格は2800万ドル以上だとされていた。

 1956年に行われたイタリアの自動車耐久レースのミッレミリアに出場した際のマシン。ファンジオ氏がレースで乗ったのはこの1回きりだったが、その後も名ドライバーたちが乗ったことでマシンはさらに箔付けされていった。レースから離れた後は、エンツォ氏の友人ルイージ・サネッティ氏、フランス人著名コレクターのピエール・バルディノン氏の手に渡り、現在は匿名のコレクターがオーナーとなっていた。

 この日のオークションでは、後半戦に登場したフェラーリ290MMは、初値は1800万ドルでスタートしすぐに2000万ドルを超えてきたが、そこからは50万ドル刻みの駆け引きが続き、ようやく2800万ドルに届いた。

 フェラーリのヴィンテージカーでこれまで主な高額落札車は、次のとおりとなる。

・フェラーリ250GTO(1962年) 3811万5000ドル
・フェラーリ275GTB/Cスペチアーレ(1964年) 2640万ドル
・フェラーリ375MM(1954年) 1840万ドル
・フェラーリ250GTカリフォルニアSWBスパイダー(1961年) 1683万ドル
・フェラーリ250テスタロッサ(1957年) 1639万ドル
・フェラーリ250LM(1964年)1430万ドル 


フェラーリ290MM
エンツォ・フェラーリ氏とフェラーリ290MM
 一番上のフェラーリ250GTは2014年8月のオークションで3811万ドルとなり、フェラーリの全オークション市場で最高額となった。

 ヴィンテージカー専門保険会社のハガーティ社が算出した市場インデックスは、11月が71.04。これは市場の過熱感を示す指標の一つだが、80以上が割高の目安として考えられているため、割高ではないという。夏場の株式市場の急変に影響を受けた面もある。

 英不動産調査会社ナイトフランクの高級品の指標では、最近10年間でヴィンテージカーは496%上昇し、最近5年でも161%、12カ月でも18%と他のジュエリー、アート、ワインなどのカテゴリーを凌駕している。ただ、11月のクリスティーズオークションで、俳優スティーブ・マックイーン氏が映画「栄光のル・マン」(1971年)で使用した「ポルシェ911T」が、落札されずに残るという出来事があった。少し勢いをそがれるような出来事が連続しており、今後の市場動向への影響は気になるところではなる。 

 この日は、他に話題となっていた「1962アストンマーチンDB4GT」が1300万ドル、ジャニス・ジョップリン氏のポルシェが160万ドル、フロイド・メイウェザー氏の「2003フェラーリエンツォ」が300万ドルでそれぞれ落札されている。※一部訂正しております。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする