トップ >  ニュース >  大型ヘッジファンド71%が2016年新ファンドを計画

大型ヘッジファンド71%が2016年新ファンドを計画

 ヘッジファンド運用会社の44%が、2016年は新たなファンドを増やすかもしくは、資金を増額させる考えを持っていることが、の業界団体AIMA(オルタナティブ投資運用協会)がまとめた2015年のレポートで明らかになった。特に運用総資産5億ドル以上の運用会社でその傾向が強く、ファンズオブファンズ、SWF、中国をはじめとしたアジアの超富裕層らの資金需要を見込んでいる。ただ、裏を返せば実績と規模がある運用会社には資金が集まる傾向が強まっているとも言え、優勝劣敗がはっきりする年にもなりそうだ。

 運用資産規模10億ドル~50億ドルまでのいわゆる大手どころは71%が、新ファンドのローンチを考えており、また、50億ドル~100億ドルの大手も67%が同様に考えていることがわかった。ただ、その一方で、1億ドル未満のファンドは76%が反対している。本拠地別に見れば、英国、北米が5割以上賛成している。ただ、オーストラリアは83%が反対している。
ヘッジファンド
 投資家が運用会社を選ぶ際の基準だが、当然ながら最も多かったのがパフォーマンスで8.54%、次いで運用者の経歴となっている。機関投資家から表向きにはよく言われる運用戦略やフィーはその次となる。では新しい運用資産がどこの地区から出ているかということになると、北米、英国が最も多い。次いで欧州が浮上してきており、金融市場に不安要素が出ていることが影響しているようだ。

 また、資金の出所としては地区ごとに違いがあり、スイスは個人富裕層の資産頼みで、中東、英国も富裕層からの資金が同じく重視されている。北米は基金やファンズオブファンズ、アジア太平洋地区は公的年金基金となる。
 
 それら資金の投資先として考えられているは北米、英国が最も多く、欧州、スイス、アジアと続く。今年は中国市場にフォーカスした人民元ヘッジファンド「QDPL」がスタートするなど新たな地区に投資機会を求める動きもあったが、保守的な動きとなりそうだ。

  レポートでは、日本についても触れおり、「ヘッジファンドにとって、日本はアジアでもっとも大きな運用資産の割当先となっている。日本国債の運用がシュリンクし、そのほかのオルタナティブの運用割合が高まっている」と述べられている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする