トップ >  ニュース >  「ノブホテル・マニラ」高級ホテルワースト1位に

「ノブホテル・マニラ」高級ホテルワースト1位に

 名優ロバート・デ・ニーロ氏と著名シェフ松久信幸氏が共同経営する高級ホテル「ノブホテル・マニラ」(フィリピン)が、高級ホテルランキングのワースト1位に選ばれた。ラグジュアリー・トラベル・インテリジェンス(LTI)が発表した。

 ノブホテル・マニラは「ホテルインホテル」という、ホテルの敷地内にいくつかのテーマを持つコンセプトホテルを置く形式で運営されている。松久氏とニーロ氏は元々、高級レストランのNOBUを高級ホテル内で展開してきたが、レストランのコンセプトのままホテル展開もするようになった。現在は、米
ラスベガスなどのリゾート地にもオープンしており、マニラは今年5月にオープンしたばかり。

 24時間のルームサービスでは、シェフが腕をふるまうなどノブらしい特色も打ち出している。

 今回はベストとともに、ワーストランキングが発表されているが、それぞれ次のとおりとなる。

◆ワースト5
1 ノブホテル・マニラ フィリピン
2 シャングリラ・トゥエスロク モーリシャス
3 セントレジス・ムンバイ インド
4 ザヤ・ムライ アブダビ
5 エディシオン 米マイアミ

◆ベスト5
1 マンダリン・オリエンタル マラケシュ
2 サンフランセスク スペイン
3 アマン東京 日本
4 ヴィラルネラリーク フランス
5 レベリーサイゴン ベトナム


ノブホテル・マニラ
ノブホテル・マニラでの記念式典(5月)
 ワースト1がノブホテル・マニラだが、ベストに目を移せばアマンリゾーツ初の都市型コンセプトのホテルで昨年オープンしたアマン東京が3位に入っている点も見逃せない。では、このランキングだが、誰がどのようにして決定しているのか。

 まず、LTIという発表元だが、こちらは富裕層が旅行で不利益を受けないようにするために設立されたという組織で、会員制になっているという。また、会員とは相当に旅行慣れした富裕層たちであるという。ディレクターのマイケル・クロンプトン氏が過去にメディアの取材で語ったところによると、ランキングの評価を決めている評議会のメンバーはインビテーションを受けた富裕層たちのみで構成されているといい、評価項目、内容などは極力明らかにしていないが、旅行者重視の姿勢から、実際に覆面調査をしているのではないかと思われる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする