トップ >  ニュース >  神戸暮らしの非居住者イ・ボミ 納税は韓国で?

神戸暮らしの非居住者イ・ボミ 納税は韓国で?

 プロゴルフの賞金女王イ・ボミ選手(27)が、韓国で納税していたことが週刊新潮(12月24日号)の報道でわかった。今季はツアー7勝で獲得賞金2億3049万円と男女通じての新記録を樹立し、その他収入も合わせれば年収は5億円程度に上ると思われる。神戸に居住用マンションがあるものの、非居住者扱いのようだ。もっとも多くの外国人ゴルファーが非居住者としている場合が多いが、先日はイ・チヒ選手が3億円の所得の申告漏れを指摘されるなど、ボミ選手ら日本ツアーを席巻する韓国人選手たちも何らかの対応を迫られる可能性もある。


イ・ボミ
イ・ボミ選手
 実力はもちろんのこと美形なルックスと、愛らしいキャラクターで「ボミちゃん」「スマイルキャンディー」などと親しまれるボミ選手。獲得賞金は2億円を優に超え、スポンサーやイベント関連などの収入も合わせれば、今年の年収はザックリ5億円くらいにはなりそうだ。

 所属のマスターズゴルフ倶楽部のある神戸市内のマンションに母親と住んでいると言われているために、税務上はてっきり日本の国内居住者扱いかと思えばそうではないようだ。週刊新潮によると、神戸の自宅に戻るのは月曜日だけのために「恒久的な住居にはならない」というアドバイスを税理士から受けたのだそうだ。その上で、韓国で納税する方が4000万円ほど安くなると試算している。

 居住か非居住は一般論として、物理的に6カ月以上の居住があるかどうかが一つの目安となる。ただ、この条件は体裁だけ繕う悪質な課税逃れのケースも相次いでおり、本当に生活拠点を移して居住実態があるのかどうか、という内実を国税庁も見るようになっている。この二つの条件が揃っていれば、御咎めはないようだ。

 日本に仕事をしに来た外国人のスポーツ選手やアーティストの場合は、年収1000万円以上の場合は、その翌々年の報酬の中に含まれている消費税をアーティスト自身が申告する義務がある。所得税はスポンサーや賞金の提供元からから減徴収して支払われるために、直接は納税しない。それぞれ納税方法が異なるために、理解が進んでおらず、無申告の温床となっていた。

 この点は会計検査院が国税庁に対して厳しく指摘しており、今後は納税忘れをなくするために、スポンサーなどが納税する「リバースチャージ方式」に改正されていくことになる。
リバースチャージ 国税庁
 すでに日韓のメディアで、韓国・京畿道の水原市の繁華街に「ボミ御殿」と言われる商業ビルを保有していることが伝えられており、個人の資産でさえも立志伝中の人として良いイメージで語られているのも人格者ゆえか。韓国のプロゴルファーやアーティストがこうして国内に不動産を購入するのは成功のシンボルとして特別なことではないが、今後は少し違ってくるかもしれない。

 つい先日、韓国籍の李知姫(イ・チヒ)選手が大阪国税局の調査で、約3億円の所得申告漏れを指摘される事案があったばかり。これは、イ選手が日本国内のツアーで得た賞金やその他の収入について、韓国だけで所得税の納税を行っていたという。2013年までの5年間で約3億円の申告漏れ。

 ここで居住者か非居住者かの認定が必要となるが、大阪国税局は、イ選手が大阪を拠点に年間半年以上は日本国内で滞在しているとして、日本国内居住者だと判断した模様だ。この事案は、国税庁が外国人プロゴルファーに大きな関心を示していたことを表すものでもある。

 欧州プロサッカーでも、リオネル・メッシ選手らをはじめ多くの選手が、肖像権などの知的財産をオランダやルクセンブルクに設立した子会社を通じて、祖国の南米のタックスヘイブンの子会社で受け取るというスキームを採用。この方式が流行し、多くの選手たちが税務当局から指摘を受けてきた。選手はできるだけプレーに集中するために、専門家のアドバイスに従って家族らが代わりに手続きを依頼するだけだが、当局に事案として指摘されてしまうと、一時的に大きなイメージダウンは本人に降りかかる。

 国税庁は当然、ボミ選手にも関心を寄せているだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする